冬の白川郷に行ってみよう

前々から行ってみたかったのですが、自分の車では大分リスキーってことで見送り続けておりました。

が、今回スタッドレスタイヤ装備の友人が遊びに来てくれたのでわがまま言って連れて行ってもらうことに。

んで、東海北陸道路をぐんぐん北に向けまして進みますと道路脇にはちょこちょこと雪が。

で、ひるがの高原S.Aではこんな感じ。

20160211144142

20160211144227

20160211144343

20160211144408

もう冬真っ盛りですな。

ただ、道路には雪は積もっておりませんで、道中は至ってスムーズ。

で、自分の中では名物の9kmもある長いトンネルを抜けまして白川郷I.Cに到着。

出発時間が遅かったということもあり、到着したのが昼過ぎってことで、先に植替の景色を見ましょうってことで、車で展望台まで移動してみることに。

到着しましたところ、大型バスが大量に。
その脇に車を停めまして展望台に向かうわけなのですが、外国人観光客でごった返し状態。

中国あたりが多いのかなぁと勝手に思っていたのですが、他のアジア地域の観光客も結構いるのね。

異なる言語が飛び交う中、展望台からの写真がこちら。

20160211154708

写真で見たまさに期待通りの冬景色。いいではないですか。

で、その後下に降りまして村の中を散策。

20160211160752

20160211161524

雪の量は思ったよりも少ない感じで、近づいてみると屋根から大量の雪解け水が。
道路も雪をかぶっているところは殆ど無く、雪深いだろうと思ってトレッキングシューズで向かったのですが、これなら全然スニーカーでも大丈夫ですな。

今回はじめて白川郷に来る同僚もいたので、中が見学できるところにも行って見るわけですが、観光向けに窓が全開なので建物は割りと寒い感じ。

多分、窓閉めていればそれなりに暖かい気がしないでもないですが、特に床が冷たい感じ。

建物からの写真はこんな感じ。

20160211162745

人が入れないところはそれなり雪深いようで。

その後村を一周するような感じで、写真も取りつつ。

20160211163410

んで、歩いて展望台に行ってみようと思いましたら、冬期は通行禁止なのね。

20160211164653

通行禁止の看板横目に展望台に向かう道へ歩を進める人多数だったので、通行禁止としつつも登ることができるのでしょうが、あの急坂に雪が残っている状態で登れってなるとそれはかなり厳しいのでは・・・

結局自分は向かわなかったのですが、あの急坂だと除雪もできないでしょうし途中から登れなくなるのではないのかなぁと。

一通り村を回った頃には大分日が落ちてきまして、日中は暑いぐらいだったのですが、そこそこ寒くなってきたので探索終了。

20160211164941

20160211172607

帰り道でコロッケをもぐもぐ食べながら帰路へ。

20160211170326

憧れの冬の白川郷をたっぷりと楽しみましたとさ。

その後、飛越峡合掌ライン経由で途中温泉に入ってから帰りましょうってことで、鳩谷ダムを横目に温泉へ。

20160211173603

かなり日が落ちてきまして、路面状況が見た目大丈夫そうですが微妙に凍っているところもあり慎重に温泉に向かうわけです。

20160211173614

そして程なく、割とお気に入りのしらみずの湯に到着してたっぷりと温泉に。

20160211190546

出発の際に駐車場で、バックして駐車しようとしている車がごっちんこして「おい!」という怒号が上がるトラブルがありつつも、帰り道特にトラブル無く無事に終了。

ってなわけで、春夏秋冬すべての白川郷を見ることができまして、大満足な一日でしたとさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください