Kindle Paperwhiteを買ったよ

Kindle Paperwhiteを買ったよ

一時期電子書籍を大量に購入したのですが、お風呂でiPadを使用する際にケースに入れているので、どうにもページ送りがうまくいかないのをもんもんと思っておりまして、そのうち防水のAndroidタブレットを購入しようってことで、電子書籍を読むこともほったらかしにしていたのですが、Amazonの年末セールでKindle Paperwhiteが安売りしていたので、漫画読む目的でしか考えていなかったのでちょうどいいんじゃないかってことで、すすっと買ってしまいましたものが今日届きましたってお話です。

んで、届きましたのはこちら。

2018-12-13 23.30.59.jpg

非常にシンプルなパッケージ。
というか、店先にぶら下がっていそうな感じ。

で、この水色のパッケージを取り出しますとこんな感じ。

2018-12-14 01.12.34.jpg

バリバリ開きましてまずは同梱物チェック。

2018-12-14 01.12.58.jpg

充電用のケーブルと筐体となかなかシンプルな感じ。

画面のところは薄いフィルムでも貼り付けてあるのかなぁと思っていたのですが、画面が表示されている状態なのよね。
E Inkって技術で画面を描画しているらしいのですが、電気消費が画面をリフレッシュするときぐらいしかかからないから、電池長持ちってやつらしいのですが、画面ヤケ的なことにはならないのだろうなぁと感心しつつ、早速手にとって見るわけで。

2018-12-14 01.13.38.jpg

ぱっと持った感じ、正直安っぽさは否めない感じではありますが、まぁ見せびらかしたりするのが目的ではないのでこんなもんかなぁというのが最初の感想で。

で、このあと初期セットアップをするのですが、何も入力していないのにWifiに接続したら自分のAmazonのアカウントがはじめから紐付けられていて、これって友達にプレゼントしたら自分のアカウントが流れちゃうのでは?と疑問に思いつつも、早速過去購入していた電子書籍をダウンロード。

画面の遷移は漫画とかを読んでいるときにはそんなに切りならないのですが、電子書籍を選んだりとか、ダウンロードさせるために・・・のボタンを押下したりするときには、応答の遅さに少々むむむ?ってなったりしますが、まぁ我慢できる範囲かなぁと。

ちなみにウェブブラウザの機能もあったり。

2018-12-14 01.52.39.jpg

ただ、応答速度が遅いので、これでささっとブラウジングしようかって気にはなれないかなぁと。

今回購入した目的はお風呂で漫画を読もうなので、早速これを片手にお風呂に入ろうかと思ったのですが、例によって帰宅時間がすごく遅いので今日は見送り。

まぁ最近寒いしお風呂にも長く入られるような感じになってきたので、長風呂ライフがまた一つ充実するかと思うとウキウキします今日このごろでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください