アルフォンス・ミュシャ

あまり絵とかには基本的に興味が無いのですが、なんだか理由は忘れたのですが唯一美術館にまで行ってみようと思った画家。

たしか2005年に東京美術館で開催されたやつだったかしら。

大事に使っているジッポのデザインは、ミュシャの「Job」が描かれていたりします。

今日、美の巨人たちという番組でミュシャが特集されていたので、録画しつつ見つつ。

番組タイトルのジスモンダも見てきましたが、ポスターなので思っていたより大きく。

番組はパリ時代のはじめ、ミュシャが一躍有名になった時の話ですが、自分がいいなぁと思うのは、百合の中の聖母。

初めて絵の前で長時間立ち止まってしまったなぁと。

と、昔の話を思い出しながら、押し入れからそのときに購入したパンフレットを眺めてしまいましたとさ。

というわけで、今日は思い出話でした。

思い出話をしないといけないぐらい、今日は何もしておりませぬ。やむなし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください