Xperiaを使い始めて約1ヶ月ちょっと経過しましたよ

iPhone熱はすっかり冷めてしまい、新しいiPhoneへの興味が激しく削がれつつある今日この頃、まだ寝る前に30分ぐらい触っているXperia君ですが、購入から1ヶ月ぐらい経過しました。

久しぶりにiPhoneを触らなくてはいけない機会があったので、その時ふと思ったことを羅列してみようと思います。

Backボタンって意外に使っている

Xperiaが使い易いなぁとなんとなく思っていたのですが、その理由があまりわかっていませんでした。

で、上記のとおりiPhoneを久しぶりに触って「のぉぉっと、そういうことか」と思ったわけですが、一つ前の画面に戻るbackボタンが非常に便利というより気持ちイイ。

特に理由はないのですが、使いたいアプリを使い終わったら、バックボタンを本能的に連打してホーム画面に戻っているようで、気持ち的なところですが、無いと無いでなんだかがっかり。

あと、iPhoneを使っていて一つ前の画面に戻りたいなぁとというときに、iPhoneはCocoa

touchのUIでほぼ統一されているのでどうしても左上に前の画面に戻るボタンがある都合上、ちょっと遠いです。

それを手元でばびっと戻れるってのは、やっぱり便利だなぁと。

ハードキーを限りなく少なくしたってのは、シンプルでいいとは思うのですが、3つぐらいハードキーがあったってバチは当たらないのかと思います。うんうん。

通話品質について

よくXperiaの通話品質は悪いってレビューを良く見ますが、確かに善し悪しは別にしてちょっと音が違う気がします。

こいつは慣れてしまえば問題ないかなぁというのと、音声通話は実家と飲み会の時の人数集めぐらいにしか使わないので、まぁさほど問題無し。

タッチパネルの操作位置

XperiaとiPhoneを比べると、若干位置が違うような気がします。

iPhoneをベースに考えると、Xperia側のほうがやや上のタッチしているつもりで操作しないと、リンク先が行で密集しているサイトとかのリンクを選択しようとしたときに、1つ下の項目を選択してしまうことが多々。(まぁここで間違って選択してもお気に入りのbackボタンがあるから手元で戻ることができますが(にやり))

ただ、こいつも慣れてしまうと今度はiPhoneのほうが操作しにくくなるわけなのだから、慣れというのは怖いものです。

加えてiPhoneの場合は、キーボードを操作したときにタッチしたボタンがぴょこっと上にでてくるので、それを確認するのに下から上に押し上げるような感じでおしていたのだろうなぁと。

それを意図して、若干下目をタッチするようなメカ的な仕組みになっているのだったら、Appleすごいなぁと思う次第です。(実際のところよくわかりませんが)

アプリ

iPhone時代からアプリをうまい具合に使って、使いこなせていたか?と言われると激しく疑問ですが、Androidマーケットはまだまだ発展途上な感じが否めません。

iPhoneのほうでも欲しいアプリをずらーっと眺めていても、その間の関係の無いアプリを避けて良く作業は発生するのですが、Android のほうはもっと避けていかないと魅力的というか自分の興味をそそるようなアプリが見つからない気がします。

iPhoneがアプリケーションの多さを売りにしている部分があると思いますが、もしそれに対向するならAndroidマーケットでの配布方法について見直しをした方がもっと魅力的になるのかなぁと。

通知領域

iPhoneもアプリのアイコンに丸数字で、新着がいくつですよ。とか、ポップアップで更新があったことを通知してくれるのですが、Android の場合は画面上部をスライドしてやると、各アプリの通知が一色単に確認することができます。

これって、意外に便利。

結局アプリが置いてあるページまで移動しなければいけないのに対して、なにか通知があるかな?ってのを1箇所で見ることができるって面倒臭がりな自分としては非常にお助かりな機能です。

ウィジェット

こいつも面倒臭がりな自分としては非常に嬉しい。

iPhoneの時には、予定表って記入したはいいのだけど、通知設定をしない限りは自分でアプリを開かない限りは中の予定が確認できないので、あまり使えていなかったのですがAndroidにしてからホーム画面に表示させるようにしてからは、友達の誕生日おめでとうもそれほど逃さなくなったような気がします。

特にToDoアプリについては手元で見られるようになっているってのは、非常に便利。

シームレスって言葉があっているのか分かりませんが、少い操作で各情報が拾えるってのはやっぱりいいと思う。

結局iPhoneとAndroidどっちなの?

backボタン大好きっ子からすると、iPhoneはすでに若干使いにくいの領域に入ってきたような気がします。

iPhone購入時には当然比較する対抗馬がなかったので、完成されているなぁと思っていましたが、結局人間なのでソフト的なところよりもハード的な便利さってのに惹かれるのかなぁと偉そうなことを言ってみたり。

ただ、AndroidといってもiPhoneと違って筐体が1種類ではないので、vs Androidというよりは、vs

Xperia色のほうが強いかもしれないので、まぁなんともです。

まぁ結局は、新しいものに心奪われているってだけかもしれませんが。

そうえいば、先月中頃に頑張ろうとスタートしたAndroid開発環境は、画面キャプチャができるようになってすっかり飽きてしまっているなぁ・・・

そろそろ再開しなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください