クラムシェルモード

随分とおしゃれなネーミングですが、要はMacBookの蓋を閉めた状態で外部モニターに出力できますよって話です。

MacBookAirももれなく対応していることが判明したので、早速外部モニターに出力して、Mac mini時代に使用していた無線キーボードとマウスを使ってみたのですが、Mac miniよりパワフルに動いてくれちゃうMacBook Airなので、スイスイ動きます。

が、外部ディスプレイに出力していると、ファンがヒュンヒュン音を立てることが多いよな。

あと、クラムシェルモードで解像度が大きい画面に写したあとに、元のディスプレイに戻すとウインドウサイズが元に戻らないので、ブラウザなどなどの画面サイズをリサイズしてやるのが少々面倒かなぁと言ったところ。

もうちょっとMacを使い倒すようになれば、大きい画面に映す需要が出てくるのかもしれませんが、もし開発やらなんやらをやるようになったら使うかもしれないということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください