最悪の目覚め

昨日いいだけ飲んで、どうやって帰ってきたかイマイチよくわからない状態で目がさめるわけなのですが、また喉奥が酸っぱい感じになって目が覚めるとまぁ最悪な状態。

今回も前回同様喉元でゲロリンだったので、吐き出すことはなかったのですが、慌てて洗面台に向かうもどんなに気持ち悪くてもなかなか吐けないのよねぇ。

気持ち悪いなぁと思って時計を見たら午前4時。
なんとも半端な感じですが、酸っぱい感じが気になって二度寝もままならない状態になってしまったので仕方がないからお風呂でも沸かしてスッキリしますかということで、湯船に浸かるわけなのですが、今度はお風呂で寝てしまうという大失態。

いつもなら、飲み会開け休みの日の笑い話ぐらいなのですが、残念ながら今日は出社日ということで、肉体的にボロボロ状態でお仕事に向かうことになりましたとさ。とほほ。

前回の寝ゲロ事件を反省して、あまりバカ見たく食べないように気をつけていたのですが、昨日はバカ見たくピッチャーを小脇に抱えてビールをチェイサーなしに飲み続けていたので、どう考えても飲み過ぎです。

食べにしても飲みにしても、過ぎはよろしくないということを体で知った今日このごろでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください