牛久大仏を見に行こう

牛久大仏を見に行こう

というわけで、明日は阿見でゴルフをするので前日移動するついでにどっか観光に行ってみようってことで周辺のダムを調べてみたところ、阿見周辺全然ダムがないことが発覚しましてどうしたものかなぁとか思っていたのですが、そういえば高速道路からちらっと見えたでかい大仏を見に行ってみようと思い立ちましてのんびり昼過ぎぐらいに出発するわけで。

んで、適当に昼ごはんを済ませました後高速道路に乗って目的地に向かうわけなのですが、まぁ平日だしなんとかなるっしょと軽い気持ちで首都高を経由して目的地へ。

ソロでの首都高は初めてなのでややドキドキしましたが、途中ちょっと渋滞に引っかかったぐらいで問題なく通過。躊躇いなく首都高に行ける男とになれましたので、これで行動範囲も広がるなぁとか思いつつ、もう関東にはあと1ヶ月ちょっとしか居ないというのが玉に瑕。

とか思いながら首都高抜けた後はスムーズに現地入りするわけで。

牛久大仏

で、高速道路を降りまして、アウトレットモールのほうに間違って向かいつつなんとか目的地へ。

近くで信号に捕まったときに大仏様が見えてきたのですが、結構距離あるはずなのですがまぁでかい。

最寄りの駐車場に車を止めて見上げるわけなのですが、まぁでかい。

平日の夕方前ぐらいに到着したのですが、思ったより人は多い感じ。

んで、園内に入るわけなのですが大仏様の中に入るとのそうじゃないので拝観料が違う次第で、中に入るには大人800円。

拝観券売り場からそこそこ歩くのですが、遠目に見てもまぁ大きい。というか大きい以外の感想は出ないのだけど。

正面からの絵がこんな感じ。

下にいる人がまぁ豆粒みたいなもんですな。なんか大きすぎて距離感がバグっている感じ。

で、大仏様の中には後ろから入るスタイル。

裏に回って中に入りましたところ、大仏様に関する情報とかが色々展示されているわけで。

全長120mもあるのね。で、85mの高さにある展望台まではエレベータで登ることができまして、早速エレベータに乗りレッツ展望台へ。

展望台は東西南北それぞれに外を見ることができるところがあるのですが、そんなに大きくは開いていない感じでして景観的にはちょっといまいちかも・・・・

こんな感じで手前にガラスが張ってあるのでカメラだけ伸ばしてってわけにもいかずでして、実際に見てみるとまぁまぁ見ることができるのですがカメラに収めようとすると微妙な絵になっちゃうなぁと。

まぁ実際に来てみて頂戴ということなのでしょう、そうでしょう。

と、一通り中を見学しました後は周りの公園を散策。

こちらの池には鯉がいっぱいいるのですが・・・・・

人が近づいてくると餌をくれるもんだと思っているのか、もうワシャワシャと。

とまぁ、高速道路から見えた大仏様にご挨拶することができまして満足なお出かけでしたとさ。

牛久大仏を見に行こう

で、観光しました後はまっすぐホテルにということで、予約したホテルがある土浦に向かうわけで。

星野リゾート BEB5土浦

以前もココのホテル利用したことがあるのですが、前回とは別の部屋を抑えまして向かうわけで。

こちらのホテル、サイクリングの人をターゲットにしているようでしてエレベータも自転車と一緒に入ることができるぐらいの幅になっておりまして、部屋の前には自転車を置いて置けるようにポールが設置。

んで、今回はヤグラルームというのにしてみたのですが秘密基地感がなんとも素敵な部屋。

お風呂は浴槽と分かれているタイプでお湯もビシッと張れる感じ。

ただ、いつも宿泊したときに思い出すのですが浴槽から出ようとすると結構高さがあるのと割と足元が滑ってしまいまして、今回もスネを強打する次第・・・・

下段は別途にもなりそうなソファー。

寝るところはその上って感じで複数人で宿泊すれば楽しそうだなぁと思いつつ。

この後は特に用事なしだったのでコンビニでお酒を買い込みましてダラダラ過ごしたわけなのですが、酔っ払ってくると頭周辺の注意力が散漫になってしまうのか、3回ほど頭をヤグラ部分に強打してしまいまして、次からは普通の部屋でいいかなぁとか思います次第でしたとさ。

本日のまとめ

というわけで本日の移動ログはこんな感じ。

移動距離は130km程度とココ最近からしたらほぼ移動していないみたいな距離ではありますが、これぐらいの移動距離のほうが気楽でいいんじゃないか説。

まぁ今回はゴルフに行く前日移動がメインの目的なので、目的消化しつつ楽しいホテルにも泊まれて良かったなということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください