黒軸のキーボードを試す

先日購入したもう一つのキーボードです。

f:id:tsurupon:20120916232859:image

こちらはキーの配置には特に不満は無く。

会社のほうがWinキーを使ったショートカットを多用するために、泣く泣くこちらを会社で使うことにしました。

普段は作業用のPCにキーボードをつないで、ノートPC(メーラーとか入っている方)はノートPCのキーボードを浸かっているのですが、文章打った感じがどうかを確認するためにノートPCにUSBで接続して早速バシバシ叩いて見るわけですよ奥さん。

黒軸の反発っぷりがたまらなくいいのですが、普段ノートのパンタグラフ式に慣れてしまっているせいなのか、思ったより入力が判定されるのが深いってか、自分がけっこう浅めにキーボードを叩いていることがわかった次第。

自分では入力しているつもりなのですが、押し切っていないみたいね。

音を気にせずバシバシ叩いてやれば、すごく気持ちよく文字が入力できるのですが、会社でバシバシ音を立ててキーボードを鳴らすわけにもいかず・・・と思ってしまっているのかしら。

実際問題ばしばし叩いていると結構音がしてしまうので、どうしても控えめになってしまうために、黒軸のパフォーマンスを発揮しきれていないのじゃないのかなぁと・・・うーん。

茶軸と比べるとしっかりキーボードを叩いてあげないと行けない感じがするので、どちらかと言うと会社に茶軸。自宅では黒軸って配置が一番良さそうなのですが、Windowsキーがなぁ・・・

結果、モノはいいのですが、事前の調査不足でボッコボコの結果になってしまいましたとさ。

勢いで物を購入した時の典型的な悪い例です。反省します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください