Eye-Fiの有効活用を考えてみる

Eye-Fi App

カテゴリ: 写真/ビデオ

価格: 無料

なんとなく、App Storeを眺めていたところ、Eye-Fiのアプリがあったので使ってみることに。

といいつつ、Eye-FiはSDカードケースにしまったままで使っていない状態になっちゃっているのよね。

当初は、SDカード挿入口の蓋をぱかぱか開くとバカになっちゃうのではないかなぁと心配してRAW画像が転送できるモデルを準備したのだけど、結局転送速度がそれほど出ないのに耐え切れなくなって、32GBのSDカード1枚でデータを抜き出すときにはカードリーダを使っている状況。

SDカードリーダを持ち歩くのが面倒かなぁと思っていたのですが、出先で使用するデジもの類を幼稚園の頃から使っている用具袋にまとめてぶっこんでおけば忘れるってことも無いので、、いつの間にか使わなくなってしまいました。

これは、眠っているカードが有効活用できるかもってことで、早速試してみたのですが、これもどうにもイマイチな感じ。

というのも、

  • カードとの接続はWi-Fi経由
    • Eye-Fiがアクセスポイントのような感じになって、iPhone側で設定してEye-Fiに直接接続することで中のデータを携帯電話に転送する仕組み
    • もともと使っていた設定をそのままにしていたので、自宅のアクセスポイントに接続している間はiPhone側と接続してくれないので転送開始されるまでに妙に待たされることに。
    • まぁこれは設定なおしてしまえば解決してしまいそうですが。
  • 当然だけどRAW画像は見れない
    • 普段RAWで撮影するので、カードを交換して設定を変更してあげないと行けないってのが一手間
    • iPhoneは普段無線LANルータに接続しているので、それをアプリ経由では無くiPhoneの設定から変更してあげないといけないってのも一手間

と、α77にぶっこんで使うにはちょっと手間かなぁというのが正直なところ。

ですが、今回試しにα77で撮影した写真をiPhone経由でSNSに投稿してみたのですが、他の写真と比べて非常に画像が綺麗なのもこれまた事実。
できれば手間なく、iPhone経由でちょっとした写真をSNSに投稿できるといいなぁと思うのですが・・・

・・・そうか、Eye-Fi用にコンデジを一つ購入してやればいいのか!って思いつくも、そこまでするか?って感じかなぁ。むーん。

これを活用したいってカメラを買い足すのもなんだかおかしい感じなので企画倒れになりそうです。がっかり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください