Surface ProにCLIP STUDIO PAINTを入れてみた

すっかりSurface Pro日記になっちゃっていますが、まぁ大した成果があるわけでもなく。

今日はお絵かきデバイスとしてちゃんとセットアップしようということで、以前購入したOpenCanvasの古いバージョンのものをインストールしてみたのですが、当然の事ながらタッチ操作のことは考えられていないのでちょっと使いいくいなぁと。

でもって、いろいろ調べてみたら、こいつがよさそうな感じかなぁと思った次第で。

Windows8に対応しました!の一言で心奪われてしまっているわけなのですが、まずは試用期間で・・・と思っていたのですが、試用期間を別のPCで費やしてしまっていたので、月払いで買って見ちゃいました。えへへ。

で、早速触ってみたのですが、iPadライクにキャンバスを操作できるのはすごくいい感じ。
各種ボタンサイズもタッチを考慮した大きさになっているので、操作もしやすいのですが、その分作業領域が狭くなっちゃうなぁというのが正直なところ。

まぁお絵かきで飯を食ってくなんて発言したらぶん殴られるレベルなので、自己満足で使う分には十分すぎるというかオーバースペックな感じなので、良しとしますか。

そういえば、今回スタイラスペンを使ってちょこちょこいじっていたのですが、たまに、スタイラスペン操作時にアイコン1個分ぐらいしかカーソルが動かなくなる症状が発生するのよね。

購入して割りとすぐにタッチペンのデバイスドライバを更新してしまったので、それが原因かは不明なところではありますが、どうなんだろう?

まぁ再起動を繰り返しているとそのうち治るので、ドライバを元に戻しての検証とかは不要かなぁと思っているのですが、なんともな感じで。

とりあえず、使用目的の環境は揃ったってことで、これからもぼちぼち時間の合間を見て使っていこうかなと思う次第でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください