Sculpt Ergonomic Desktop L5V-00022 を使ってみた

昨日購入したキーボードを紙袋に入れて会社に持って行ったわけで。

で、早速ドングルをWindows8のPCに接続して使ってみるわけです。
リンクさせる特別な操作が要らないってのもまたいいですな。

でもって、早速バシバシ・・・というわけにも行かず。

やっぱり慣れないので入力スピードが落ちてしまっているのだけど、これは慣れればなんとか戦えるのではないかなと思っているのですが、困ったことにセミコロンのボタンが何故かボタンの上を軽く撫でるだけで反応してしまい、ホームポジションに指をセットしただけで反応しちゃうのです。

多分初期不良だと思うのですが、サポートが電話じゃないと出来ない上に、昼休み時間はサポートしていないってもんだから、コーディングしているわけでも無いから、セミコロンはまぁいいかなぁと思いつつ。

どうにもこうにもならないようであれば、サポートに連絡してみようかなぁと思うわけなのですが、また一度自宅に持って帰ってサポートに連絡するのも面倒だしなぁ・・・

結局ほったらかしになりそうです。

はじめは使いにくい部分もありましたが、脇をちょっと開目にかまえてあげるとちょうどいい感じになってきたような気がする。

マウスに関しては、ちょっと大きくて手首がきついかなぁと思っていたのだけど、
椅子に座った状態で乗っけるというかつまむような感じで持つと結構楽かもしれない。
見た目の割りには思ったより軽くてこちらはいい感じ。

マウスは継続して使っていこうかなぁと思うのだけど、マウスは自分でキーボードは別に人に上げてってわけにも行かないので、なれるまで使ってやろうと思うのですが、今のところは五分五分ってところかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください