iPadにハードキーボードで文字入力してみる

以前からそのうちやろうやろうと思っていたハードキーボードからの文字入力。

これが出来てまともに動いれくれたら、どうせ移動先では溜まった日記のネタを仕込んでいるぐらいだから、iPadとキーボードで過ごせるから荷物が軽くなるじゃん!ってことで、たまたま思い立ったので、試してみました。

Bluetooth対応のキーボードはPS3のキーボードとMacMiniを手放してからあまり出番がなくなってしまったApple純正のテンキーレスキーボードがあるので、後者で試してみることに。

ちなみに使用しているアプリはDropboxにあるテキストファイルを編集できて同期もしてくれるTextforceというアプリ。

テキスト編集 Textforce for Dropbox App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥300

んで、早速使ってみた感想なのですが、

  • 変換時にスペースを押して変換するのだけど結構スペースキーが押下されたことを認識してくれないことがある
  • 多少もたつく感じが否めず→いつもどおりバシバシ入力すると結構入力が落とされるので入力し直しが多発する
  • iPadの日本語変換いまいち。文章入力にはちょっときびしい
  • 変換時に候補が出た時Tabキーを押す癖がついているので、間違って押しちゃうケースが多々あり

と、慣れたらなんとかって状況でもなく。
その中でのもたつく感じが耐えられないのですが、割とiPadとハードキーボードでパソコン要らず!みたいなエントリーを見かけるのだけど、入力時のもたつき感について触れている人が見当たらないので、何かしらの環境問題なのかなぁと思ったりもするのですが、どうなんだろう?

試しに標準のメモ帳で入力したら、それほどもたつき感はない感じ。
んで、レビューとか眺めてみたところ、Textforceで長いテキストファイルを使用している多少もたつき感を感じているレビューがあるみたい。

ちなみにテストしてみた時の文字数は25000文字ってことで、これが多いのか少ないのかはなんとも言えませんが、自分が使う環境でいまいちってことはそれまでなんだろうなぁと思いつつ。
まぁ、そんなに日記ネタを貯めるなって話なんでしょうけどね。

すごく良かったらハードキーボードのカバーでも買ってやろうかと思ったりもしていたのですが、見送りかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください