Surface Pro3 発表会

Twitterを眺めていたらengadgetで新Surfaceの発表があるってことなので、見てみることに。

http://japanese.engadget.com/2014/05/20/surface/

出てきた情報をざっくりまとめると、

  • 画面が12インチに大きくなって、CPUはCore i7が乗っかる
  • 重さは800g
    • 自分が持っているMacbook Air 11inchが1080gなのでずいぶん軽いね
    • 今使用している初代Surface Pro初代が903g(キーボード無し)なので数字的にはMacbook Airより軽いのですが、なんだか気持ちMacbook Airのほうが軽い気がするのよね
  • 速報に投稿される写真を見る限りでは大分薄くなっている感じ
  • 画面の解像度は2160×1140とのことで高解像度
  • ヒンジの部分が150度まで倒して開くことが出来るらしい
    • 個的には新幹線でギリギリのサイズなので、20度ぐらいでもきちっと自立します!ってのをウリにしてくれると嬉しいなぁと思う次第
  • スタイラスペンは脱WacomでN-Trigってのを使うらしい

パッと見たところではいいなぁと思うわけなのですが、もういっその事デスクトップPCは小さいケースに移し替えてしまってテレビ録画専用機としてしまい、普段の作業はSurfaceでやるような感じがいいのではないかと思わせてくれる感じ。

気になったのは脱WacomでN-Trigになるとのことなのですが、これで筆圧レベルの検知が落ちるみたい。
お絵かき目的の人はちょっと残念って感じでしょうが、自分ぐらいだったら筆圧レベルが上がったところで落書きが上手になるわけじゃないだろうから、それほど影響はなさそうな気がしますが、実物触ってみたいなぁと思うわけで。

あまりN-Trigってのが何者かよくわかっていないのですが、イスラエルの会社のものみたいね。イスラエルってデザート・イーグルはじめなんか尖ったイメージがあるのですが、N-Trigはどうなのかしらね?触ったことがないのでなんともなところですが。

あと気になるのはお値段かな。
また複数モデル出ると思うのですが、そこそこにしてしまうとなかなかな金額になってしまいそうな感じ。

MBA11、MBP13、Surface Proとモバイル系は3つある状態なのだけど、MBA11とSurface Proを手放してMBP13とSurface 3の体制にするのも有りだなぁと妄想しながら、結局最後まで見てしまったなぁと寝るわけで。

取り敢えず周りで購入してくれそうな人を煽って、実物を触ってみてかなぁと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください