Oculus Rift Development Kit 2 を使わせてもらった

会社の同僚がOculus Riftを購入したということで、海外から届くのを待っていたのですが、今回の連休に間に合ったってことで、使わせていただくことに。

前々から興味あったのですが、自分で購入するには少々お高いよなぁと思っていたのですが、こいつはラッキーってことで。

で、実物はこちら。

20150814211530

結構ごっつい感じなのですが、持ってみるとかなり軽いです。

あとから振り返ってみたらもうちょっと資料映像の写真を取ればよかったのですが、人にお見せ出来そうな写真がこれしかありませぬでした・・・不覚。

んで、同僚のSurface Pro 3に接続してはじめ使ってみたのですが、ジェットコースターのデモがかなりカクつく感じ。

なので、試しに自分のデスクトップPCで動かしてみましょうかってことで、やってみたのですが、動きがヌルヌルになるとかなりの没入感時。

PCの前にはリクライニングする椅子がおいてあるのですが、画面の動きで体が思わず動いてしまうと、ちょうどいい感じに椅子がリクライニングして本当にタマヒュンしちゃう感じ。

他にもレースゲームのデモとかもやってみたのですが、コースの先を覗きこんだりできて、これでレースゲームなんてやってみたら面白いのだろうなぁと。

最初のイメージとしては、私が持っているヘッドマウントディスプレイの延長戦だろうぐらいに思っていたのですが、レンズ部分が目の真っ先にあるので、レンズの向こうのディスプレイを見ているような感じではなくて、かなり広い視野角に対して映像が出るので、目線を動かすだけでも非常に面白い感じです。

製品版が来年早々に出るという話なので、値段もそこそこになるだろうってことで、手を出してみようかなぁと思っている次第なのですが、先行で体験できてよかったなぁと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください