Shinkansen Free Wi-Fiを使ってみよう

Shinkansen Free Wi-Fiを使ってみよう

はぁあたまいたい、と思いつつ今日も元気にお仕事で関東へ。
最近つくづく思うのですが、出張とかで西に東にと飛び回っている人は、プルトニウム電池かなんかで動いているんじゃないかと思う豆電池ぐらいしか容量がない私めですが、昨日に引き続き体調絶不調で迎えます本日。

いつもは新幹線でせっせとお仕事するのですが、今日はもう絶対やらない!と思っておにぎりかじりつつ寝ようとふと顔を上げてみましたところ・・・

そういえば、この前の出張か旅行かのときの新幹線で、接続できるWi-Fiリストに居たようなそうじゃないようなってことで、ここ2ヶ月関東行きの機会が多く、携帯電話の残パケット数が瀕死状態だったってこともありまして仕事もする気無いからまぁまずいデータを飛ばすことはないでしょうってことで早速試してみることに。

で、カバンに詰め込んでいたMacBookを取り出して早速、Wi-FiのリストからShinkansen_Free_Wi-Fiを選択しまして接続してみると、こんな感じのペインが出てくるわけで。

このペインって必ず一番手前に表示されるので、ユーザの意図しない動作をするのだから兵庫県警事案なんじゃないかと妄想しつつ、よくある文書をスクロールしきらないと同意のチェックが打てないチェックボックスに無ぐぐとなりつつも同意。

したらば、ログイン画面になりまして、GoogleやらFacebook、Mailなどから選ぶのですがYahooのアカウントがありましたので、それでログイン。

ログインが終わるとフリーWi-Fiに接続するために捧げる個人情報の確認画面。

住所の情報とか必要なんかいなと思いつつも、承認しないことには先に進まないので承認したらびしっと接続ができましたとさ。

で、早速Googleのスピードテストを走らせてみるのですがその結果がこちら。

悔しいかな、自宅の夜のネットワークより全然早いじゃん。
っても、お世辞にも早くて快適ってほどではないですな。

ただ、新幹線あるあるのトンネルはいると携帯電話やWimaxがぶつぶつ切れちゃうって状況にはならなかったので、そこそこ快適かも。

あと、最初の画面の注意事項に書いているようにだいたい30分毎ぐらいに、最初の画面が表示されはするものの、再度ログインを要求されるわけじゃないから、まぁうざったくないといえば嘘ですがまぁいいかなぁぐらいな感じで。

で、実際の使用感としてはTwitterやWebサイトを眺めるぐらいであればそんなに困らないぐらい。
Gmailもちらっと覗いて見た限りでは、そんな引っかかったりするわけでもないので、必要十分じゃないかなぁと。

他の人がどのぐらいガシガシ使っているかは不明ですが、IPアドレス逆引きで見ても他の人のデバイスがビシビシ見えるってことはないみたい。

ってか、自宅のインターネッツが家に無いはずのブラビアとか検出しちゃうほうがよっぽど問題だったりしますが。

んなわけで、出先でテザリングする機会一番多い新幹線でWi-Fiが使えるようになるのは嬉しいなぁと思いつつも、ほぼ社用でネットワーク使うから、会社におねだりしてWimaxでも買ってもらおうかなぁ。うーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください