iPhoneのアプリを作ろう

というわけで、Macを購入した最大の目的であるiPhoneアプリの開発環境をそろえてみようというところなのですが、どうやらAppleへの献金が必要そう。

SDKが無料ということだったので、販売目的ではなく自分用のアプリをちょこちょこ作るのが目的だったのですが、どうやら献金をしないとデバイスへのダウンロードができない様子です。

世に言う脱獄ってことをすればよいのでしょうが、iPhoneは携帯電話としても使用しているので、変にロックとかかかっちゃってもまずいなぁと。

シミュレータは動かすことはできそうなので、とりあえずやってみてうまく行きそうだったら、ハードウェアも購入してしまったことだし、献金してみようかななんて思っています。

Appleの企業体質だと思いますが、秘密主義というかユーザにお金を払わせているサービスも主導権をとりたがっていたりと、なかなかはやらない理由が何となくわかったような、そうじゃないような。

あと開発をやるにあたり

  • Macにsvnをインストール
  • MacにRedmineをインストール
  • iPhoneSDKのセットップ

ぐらいかなぁ

結局テレビにつなぐことができる値段的にだけ高級なメディアプレイヤーに成り下がりそうな気満点の今日この頃でしたとさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください