自炊環境一式

前々から、溜まりに溜まった雑誌を電子化して、カラーボックスを2つぐらい処分したいなぁと思っていたのですが、ついに環境を揃えてしまいました。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106

シンワ アル助ゴム付 300mm

シンワ アル助ゴム付 300mm

実は前日に不在通知が届いていたのですが、日が変わるギリギリまで仕事をしていたので、当然のごとく受け取ることができず。がっかり。

というわけで、再送してもらって本日のお昼過ぎに一式が届きましたとさ。

開封の儀

早速届いたものを見るのですが、最近Amazonで大きい物を購入していなかったのでふと思ったのですが、簡易包装とはいえ商品が裸で届く自体になったのだなぁと。

納品書は伝票をはがすと裏にくっついているというシステムになったのね。

f:id:tsurupon:20110507140616j:image

それにしても裸過ぎやしないかと思いつつも、早速開封してみるとこんな感じ。

f:id:tsurupon:20110507142647j:image

こちらがドキュメントスキャナ。

A4サイズまでスキャンが可能なのですが、思ったより小さいなぁと。

A4サイズよりちょっと大きいぐらいの筐体サイズで、重さもかなり軽いです。これなら場所も気にせず・・・と行きたいところなのですが、裁断機がやっぱりでかい。

f:id:tsurupon:20110507142709j:image

保管場所も良く考えずに購入してみちゃったのですが、やっぱりでかい。

なにより、レバー部分が下に降りた状態で固定することができないために、空間を大きく奪うと来たものだ。

仕方が無いので、購入したときのダンボール箱は残しておいて、使わないときにはダンボールに入れたままにしてしまいましょう。うんうん。

初めての裁断

溜まりに溜まったラグビーマガジンを電子化するために購入したのですが、失敗しても嫌なので、同じサイズの古いアイスホッケーマガジンで試してみることに。

f:id:tsurupon:20110507142730j:image

今回裁断されてしまうのはこれ。

購入前に心配になってA4用紙と重ねて大丈夫かなぁと思っていたのですが、大丈夫でしたよ。

こいつを早速機械にかけてレッツ裁断。

f:id:tsurupon:20110507143141j:image

すっと、切れるのかと思って机の上において片手で操作してみたのですが、紙の部分に到達したら意外に力がいるようで、一度刃を戻してみたら半分ぐらい裁断されちゃっていました。

あわわ、と思いながら床に置き直してちょっと力を入れて、ぐっとレバーを押し下げてみたら全部裁断できた段階でトンと音がなって作業完了。

一度途中で止めてしまったために、かなり歪んでしまいましたがまぁ気にしない。

初めてのスキャン

うきうきしながら早速スキャン開始。

何も考えずに紙をセットして、青いボタンを押してみたら思っていた逆側からスキャンが開始されてしまい慌ててストップ。

その後紙をセットし直して、ずんずんスキャンをしてみました。

f:id:tsurupon:20110507151136j:image

半分に分けてスキャンをしてみたのですが、まっすぐ切れていないものだからページ後半になると斜めに給紙されてしまい、ジャムが発生したりとてんてこ舞い。

結局、紙の素材が違うページで細かく読み直すこととなり最終的には5分割してスキャンすることになってしまいました。

雑誌1冊ぐらいはまとめて読めるかなぁと思っていたのですが、事前の裁断作業も失敗しているのでかなり苦戦しちゃいました。

PDFでデータを取り込んだので、その後表示や綴じ位置の情報をプロパティから設定して、画像の向きが違うものを補正したら作業終了。初めての自炊はやや苦戦したもののなんとか終わりましたとさ。

その後、3冊ほど作業をしてみたのですが、裁断位置をギリギリにしたら、カラーページの部分だけ糊が意外に奥まで伸びているために2枚まとまった状態になってしまったりともうてんやわんや。

でも、機械をすぅーっと通過してもちゃんと重なりを検知してくれたりと自分の拙さを機械がフォローしてくれるのでありがたい限りです。

スキャンした結果をチェックしてみたのですが、雑誌自体が古いので角のところが折れ曲がっちゃっていたりしていたのですが、まぁ今回はお試しなので気にしない。

カラー設定は自動にしていたのですが、グレーで判定されたところは文字がくっきり表示されるので、カラーページとモノクロページのスキャンを分けたほうが綺麗に保存できるかもと思いつつ。

ただ、面倒になってしまって結局やらないのだろうなぁと。

作業後、筐体の中を確認してみたのですが、黒い筐体なのでなおさら目立つのですが紙くずが結構紙の搬送部にすぐ球ってしまうのだなぁと。

また、糊が残っている状態で作業をしていたら、スキャン部分がとんでもないことに。

f:id:tsurupon:20110507160849j:image

メガネふきで拭き取ろうにも全然取れないので、本当はよろしくないのでしょうが液晶ディスプレイの汚れを拭き取るやつが残っていたのでそれで糊をとってやりましたが、機械に負担をかける事を考えるとちょっとやり過ぎかな?ぐらいな位置で裁断したほうがいいのかもしれません。

とりあえず、お試し作業はこれぐらいにして、今度は間違って2冊買ってしまった漫画あたりを裁断してみようかなぁと思いますが、実はカッターナイフとカッター板がまだ届いていないので、これは次回見送りということで。

オルファ リミテッドNL LTD-07

オルファ リミテッドNL LTD-07

OLFA カッターマット A4 134B

OLFA カッターマット A4 134B

というわけで、初めての自炊でしたが、ドキュメントスキャナのスピードが思ったより早いので、準備さえできちゃえばあとは機械が勝手にやってくれるので簡単なのですが、裁断する箇所やらスキャンさせる前のチェックを怠るとまぁ時間がかかる。

4冊の作業を結局1時間近くかけて作業しているのだから、10年近く分あるラグビーマガジンを全部スキャンするって話になると相当時間がかかりそうだなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください