いざ北海道へ

ってなわけで、年末年始休暇になったので早速帰省ですよ。

先日のとおり、飛行機の時間が午前8時35分となかなかに早い時間にせってしてしまったものですから、自宅最寄りの駅から遅くとも6時過ぎには電車に乗らないといけないという楽しい状況になっており、朝5時ぐらいには起きないとなぁと思いながら、前日は準備等なんだかんだで午前0時に就寝。

で、翌日目覚ましを4つぐらい仕掛けたのですが、一番最初に父親からの素敵なモーニングコールでばしっと起床しましたとさ。

中部国際空港までは途中乗り換えが必要になるのですが、そこまでちゃんと起きてられるかなぁと多少心配になっていたのですが、心配ご無用両サイドの和解お嬢様たちが朝6時からハイテンションにおしゃべりをしていてくれていたお陰で眠くなることなく無事に空港到着。

で、結局出発1時間半ぐらい前に空港に到着したのですが、そのあと手荷物を預けて保安検査場を抜けたときには出発5分前とか楽しいことになってしまっていましたが、無事に中部国際空港を出ることが出来ました。

飛行機に乗るときに、行き先の気温・天気の情報が出ているのですが、気温はマイナス9℃とか。いやいや寒すぎでしょうと思いつつも機内では爆睡して気づいたら北海道でしたとさ。

外の風景は久しぶりに冬らしい冬だなぁといったところ。

問題の気温の方は、朝方の一番寒い時間帯はマイナス9℃ぐらいだったようですが、昼ごはんを食べて外に出る頃にはマイナス2℃とまぁまぁな気温。

だけど、雪があるので愛知のようにカラッとした刺すような寒さではないので、ある意味まぁここちいいよなぁと思いつつ。

で、今日は家族で定山渓に旅行なのでまっすぐ支笏湖経由で移動したのですが、途中吹雪いてしまい前が全然見えない状態に。

自分が運転していたわけではありませんが、やっぱり冬の北海道の運転は絶対しないと心に誓う今日この頃でした。

ほどなく宿に到着し、午後2時ぐらいからビールと温泉ざんまいで早速年末年始休暇を満喫した今日この頃でしたとさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください