低周波治療器

お次は、低周波治療器。

ってのも、整骨院に行くほどじゃないのだけどなぁぐらいの痛みが続く今日このごろ。
湿布を張りつつけるわけにも行かないしどうしたものかと思っていたのですが、先日帰省した際に、オムロン製の小さいサイズの低周波治療器が思いの外いい感じだったので、ちょっと大きいサイズのものを購入してみることのしました。

まずは箱から。
20130907230731
先日電気屋さんで実物を見てきたのですが、それでも思ったよりでかい。

箱から中身を取り出すとこんな感じ。
20130907231159
左側のサポーターみたいなのは温熱治療用のものです。

電極パットはタバコより一回り小さいサイズ。
20130907231204
タバコと並べている時点で健康になる気が全くないのですが。

ちなみに、この電極パットはある程度使用して粘着度が落ちてきたら買い換えるものだそうな。
昔実家にあった電気治療器具は体に触れる部分をちょっと水で濡らすタイプだったのですが、進化したものです。うんうん。

筐体のサイズはこんな感じ。
20130907231214
やっぱりデカイよねぇ。

裏を見ると電極パットが収納できるスペースが。
20130907231229
電極部分は、巻取り式になっており、収納した状態だとぶらぶらするのはコンセント部分のみということで、これは非常にいい感じ。

で、早速使ってみるわけですが、使う箇所は当然ながら腰部分。

まずは、痛みモードのほうで使ってみるわけなのですが、患部にじんわりと効く感じで強さも心地いい感じ。
続けて、こりモードで使ってみるわけなのですが、こちらは想像以上にパワフル。
実家にあったものは、強さ最大にしてもちょっと物足りないなぁぐらいだったのですが、こちらは強さを最大にしたら痛いぐらい。

Surface Proとその周辺機器の開封で時間を使ってしまったために、温熱治療についてはまた今度ということで。

まだ、1回しか使っていませんが、久しぶりに今の自分に確実に必要なアイテムをゲット出来たかなぁと思う次第でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください