レトロフリークを買った

先日実家に帰ってからのお楽しみとしていた荷物の正体はこちら。

合わせて事前情報で、端子がちょっと弱めということなので、こちらも購入。

というわけで、購入した一式がこちら。

20151226190749

で、まずはものをチェック。
といってもひと目で分かるものばかりですが。

20151226190758

こちらは接点復活剤。
前情報で、特にスーパーファミコンの端子がベロンと出てきてしまうケースがあるみたいということなので、うまく認識しない時用に購入してみたのですが、結論から言うと、これを塗ると端子が読みやすくなるのはもちろんの事、滑りが非常に良くなるために、結局殆どのカートリッジに使用しました次第で。

20151226190804

こちらは汚れ取り用に。
ドキュメントスキャナをクリーニングするのに一緒に購入したのですが、今は妹夫婦にドキュメントスキャナを貸し出しっぱなしで回収にすら行っていないので、年明けにでも回収しに行こうかしらと思いつつ。

まぁ出産祝いも上げていない不届きなお兄ちゃんなので、出産祝いの利子ってことで上げてもいいんだけどね。

20151226190813

お次はご存知キムワイプ。

最後にMicroSD。

20151226191036

容量は32GBのものを購入してみたのですが、結論から言うとそんなにいらなかった次第で。

開封してみよう

というわけで、箱をオープン。

20151226191055

親が横でファミコンみたいというようにファミコンカラーなAmazon限定版。
コントローラが接続できるアダプタもあるのですが、使用する予定はないので、必要になったら追加購入しましょうってことで。

コントローラは最初から2個ついていました。

では一つ一つ見ていきましょうかってことで、本体から。

20151226191128

これが思っていたよりサイズが小さくて、ファミコンのカートリッジぐらいの大きさ。

20151226191138

指で隠れちゃっているところがACアダプタの接続先、順にMicroSDカード、HDMI端子、電源ボタン。

20151226191143

反対側はカートリッジを入れるユニットと接続する&コントローラを接続するためのUSB端子。

お次はカートリッジを接続するユニット。

20151226191236

20151226191231

どちらも割りと軽い感じ。
ちょっと安っぽいといえばそれまでかも知れませんが、まぁ気にしない。

20151226191115

裏側を見ると、先ほどの本体と接続できるように、USBのオス端子がむき出しに。

早速動かしてみよう

早速目についたスーパーファミコンのソフトを動かしてみましたところ・・・

20151226195457

うーん、バッチリ。

で、ちょっとだけプレーしてみたのですが、選んだゲームがゴルフのゲームだってのがよかったのか悪かったのか、ボタンをおした時の反応が若干遅いような気が。

ただ単に自分が下手になっただけかもしれませんが、親父にもやらせてみたのですが、どうにも同じ感じ。

どういう仕組で動いているかよくわからないのですが、内部でシミュレートしている分遅いのかしらねぇ。

残りのソフトも吸い上げてみよう

今回実家にわざわざ送りつけた理由として、実家に山のように積んであるソフトのデータを吸い上げていこうってことで、家中にあるソフトを集めてまずは清掃作業。

20151226212531

初めのうちは、先に端子に差し込んでから読めないものは清掃ってやっていたのですが、抜くときにどうにも引っかかる感じなので、ゲームボーイ以外のソフトは全部きれいにしてから差し込むようにした結果、結構な作業に。

20151226220306

途中、ほぼ新品のソフトが出てきたりといろいろ発見があったのですが、想定よりソフトの数が全然無く、見つかったものを全部吸い上げきった結果がこちら。

20151226220317

うーん、100にも届かない少々さびしい感じ。
これも大半がゲームボーイのソフトだったりするので、狙いだったファミコン、スーパーファミコンのソフトが想像以上に少なかったり。

で70本近くのカートリッジを処理をした感想としては・・・

  • スーパーファミコン、ファミコンは状態問わず接点復活剤で手入れをしたほうが良さそう
    • 滑りが良くなるのでカートリッジを取り外すときに精神衛生上もすごくいい
    • イジェクトボタンなどはついていなので自分で引き抜かなければいけないので、するっといける方が良いかなぁと
  • ゲームボーイのソフトは奥まで差し込み切ってしまうと9割方読み込みに失敗する
    • そーっと挿入して半分ちょっと先ぐらいまで入れてあげるといい感じ
    • ソフトを検出すると自動的にロードを初めてくれるので画面とにらめっこしながらやると吉

ってところかなぁと。
ちなみに作業したのは、スーパーファミコン、ファミコン、ゲームボーイの3つのみですので、他のカートリッジはどんな塩梅かハードすら持っていないので、お試しできず。残念。

その代わりにバーチャルボーイのソフトは全部見つけたのですが、これは対応することは無いのだろうなぁと思いつつ。

ちなみに、今でも実家ではプレー可能だったり。

やりたいなぁと思うソフトについては休み中に追加で購入してしまおうかなと思いつつ、その最先鋒であったスーパーファミコンのワンダープロジェクトJが見当たらないという悲しい事実。
中古で安く転がったりしていたらいいのですが、どうなんだろうか。

この後もぼちぼち親父とファミスタ89年版をやってみたりと楽しんでみたのですが、フィルタ処理入れると画面が非常に綺麗で、これはちょいとしたおもちゃってことではかなりいいんじゃないかなと思いつつ。

最近めっきり忙しくなってしまって全然ゲームをやっている時間が無くなってしまっている感満載ではありますが、時間があるときには昔のゲームでもぼちぼち遊んでみようかなぁと思います次第で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください