平成30年度 富士総合火力演習に行こう

というわけで、スーパー楽しみにしておりました富士総合火力演習を見に行きますよっと。

富士総合火力演習ってなんぞや?

陸上自衛隊が実施する最大規模の実弾演習ってことで、普段絶対にお目にかかれないような戦車の主砲発射を見たりなどなどできちゃうっていうすごく素敵なイベントなのです。

これの今年の抽選倍率が、応募総数が15万通ぐらいで応募倍率が約28倍と超高倍率のイベントなのですよ。うんうん。

でで、このイベントに以前から行きたくて10年近く毎年はがきを送っていたのですが、ちっとも当選せずで非常にがっかりだったのですが、今回友人がチケット空いているから行く?って話で、ぜひぜひとひょいひょいついていかせていただきました次第で。

以下、時系列に長い一日をば。

05:00頃 – いざ、会場へ

で、昨晩のうちにJR吉原駅から歩いて10分ぐらいのお宿で前泊しまして、同じく前日のうちにタクシーを予約。
その出発時間が5時。
なんでこの時間がいいって話なのですが、始発電車→有料シャトルバスの人より先に行くぐらいがちょうどいいでしょうということで、決めたのですが結果的にはこれが大正解。

道中、特に道も混んでおらず、朝の山道なのでそれなりのスピードで向かったってこともありますが、1時間ちょっとぐらいで金額にして1万円弱で到着することができましたとさ。
途中コンビニで体調面でのトラブルがあったりしたので、結構長めにコンビニにいた事も考えると、もうちょっと時間短く&安く現地に向かうことができるかもです。

道中、タクシーの運転手さんが道に迷うというトラブルが有りつつも、会場であります畑岡会場に到着したのが午前6時。

思ったより人がいるなぁと思いつつも、後から考えるとまだ閑散としているほう。

18-08-26 060944 2018-08-26 06.09.44.jpg 18-08-26 060941 2018-08-26 06.09.41.jpg

06:00頃 – 会場到着→開場まで待機

開場が6時30分なので、すでに結構長い列ができているところに自分たちも並びまして待機していると自衛官の方が、はがきをチケットに変えてくれるので、交換してもらいます訳で。

並ぶ場所は左端かその一つとなりぐらいがいいよぉと前回参戦している友人のアドバイスに従いまして、AスタンドとBスタンドの間の列にて待機。

まぁこれも後から知るのですが、来賓の方々や報道関係者はAスタンド側によっているため、スタンドはA~Fまであるのですが、割と左側から車両などが入場してきたり、砲弾を発射したりしていたので、距離の近いところで見たい!ってんだったら、左側によっておいたほうがいいかもしれませぬ。

18-08-26 062256 2018-08-26 06.22.56.jpg 18-08-26 061838 2018-08-26 06.18.38.jpg

待機している間に周りを眺めてみるとばばーんと、富士総合火力演習の文字が。

18-08-26 060959 2018-08-26 06.09.59.jpg

テンションが上りますなぁ。

どうやら、最前列で見るために徹夜で並んだりする人もいるそうで、到着時点で結構な人数がすでに列を作っている状態。みんな気合が入っているなぁと想いつつぼんやり会場の時間まで待機するわけで。

そういえば、列に入る前に防衛ホームという広報を頂いたのですが、これに演習プログラムが書いてあるので、何時に何があるかってのも事前に調べなくてもチェックできますです。

2018-08-28 01.01.44.jpg

って、事前にチェックしようと前の日にスマホでちらちら見ていたのですが、体験談的なやつばっかりでオフィシャルのものは見つけられなかったのですが、調べ方悪かったのかなぁ。

あとは、陸上自衛隊のTwitterアカウントをフォローすると記念品がもらえるとか、結構いろいろやっているんだなぁと思いました次第。

06:30頃 – 開場 & シート席へ

で、開場時間の6時30分になると、本番に向けてテストをしますってことで、放送がかかりました直後に振動を感じるぐらいの轟音が。
どうやら戦車の主砲が放たれたときの音みたいなのですが、もう並んで待っている人みんなで「お~」というリアクション。
もう、ちょっと眠かった感じがぱっと飛んでしまうわけですよ。

順繰り中に誘導されるわけですが、僕らが鑑賞する場所はシート席って言われているビニールシートが地べたに敷かれたエリア。
ここに、みんな順繰り自衛官の人に誘導されて前から詰めて座るわけなのですが、今回僕らが誘導された席はAスタンド前の右手側エリア、最前列においてあるビニールシートの最後列に陣取ることができましたとさ。

ちなみに畑岡会場の案内図はこんな感じ。

2018-08-28 00.54.03.jpg

たまたま通路の前の席だったので移動とかは割と楽な感じでしたが、シートがかなり広く敷かれているので真ん中の方とかになるとあんまり身動きがとれないかもかも。

といっても自由に選ぶことができないのですが、自分たちの直前の人が大砲みたいなカメラを片手に、シートの端っこになるようごねていたりしているのをみていると、いい大人になってもそういうこと言っちゃうんだなぁ思ったり。

それはさておき席はこんな感じに。

18-08-26 110804 2018-08-26 11.08.04.jpg

いろいろ試行錯誤した結果この配置になったのですが、カバンが出張分もあるので結構大きい&重いってのが最後まで苦しめてくるわけなのですが、おしりの部分にある100均で買ったものを貸してもらったこの座布団が大活躍。ってか、まぁビニールシート引いてあるらしいし大丈夫でしょと甘いことを考えていたのですが、見ている間ずっと狭いところに座ることになるので、お尻を保護するアイテムは必須ですな。

余力があれば、高さがない背もたれになる椅子みたいなものがあるとなお良いかも。

あと、ビニールシートは到着時点で砂だらけなので、汚しても良いタオルとかおいてあるとお尻を汚さなくて済むかもしれないです。
ビニールシートの上はみんな土足で歩き回るので、会場は舗装されているわけでもなく泥の上を歩いてきた靴でみんなあるきまわるので、とっても汚れていることも注意が必要かなぁと。

眼の前は富士山がばばーんと顔を出しておりまして、絶好の総火演日和じゃないですか。うんうん。

18-08-26 064845 2018-08-26 06.48.45.jpg

~08:00頃まで 前段まで事前テストを鑑賞

シートに誘導されている間にも轟音が響くわけで、スタンドの裏側から表側に移動してからは、もう音が体に響く感じ。

早速カメラ片手に、事前テストで出てきた車両などを撮影するわけで。

18-08-26 065653 DSC07957.jpg 18-08-26 064242 DSC07940.jpg

ちなみにこの赤旗が上がっている車両が発射準備OKの車両でして、赤旗が上がっているときには轟音がする可能性があるためドキドキしながら待機。

18-08-26 064055 DSC07939.jpg

んで、撃つ対象物には番号とかが振られてあるのですが、実際に演習が始まったときには会場の放送でどこどこを狙いますよーと教えてくれる次第。

18-08-26 071636 DSC07963.jpg 18-08-26 070011 DSC07959.jpg 18-08-26 065229 DSC07952.jpg 18-08-26 065227 DSC07951.jpg 18-08-26 065223 DSC07950.jpg

んで、場所も決まったのでとりあえず物販とか見学してみようかってことで、移動するわけなのですが、JR始発→バス組が大量に会場入りし始めたので、席とバス停留所の間にある物販コーナーはものすごい人の量。
物販ベースも身動き取れないぐらいの混み合いっぷりで、ハンバーガーを買って戻るのがやっと。

18-08-26 072822 2018-08-26 07.28.22.jpg

ハンバーガーを頬張りながら続きます事前テストの様子を引き続き見学します訳で。

18-08-26 075811 DSC08001.jpg 18-08-26 075715 DSC07991.jpg 18-08-26 075204 DSC07989.jpg 18-08-26 074329 DSC07981.jpg 18-08-26 073303 DSC07965.jpg 18-08-26 071648 DSC07964.jpg 18-08-26 071622 DSC07962.jpg

ここに来て雲がちょいと厚くなってきてしまい、あんなにきれいに見ておりました富士山が全く見えない状態に。

18-08-26 074916 2018-08-26 07.49.16.jpg

8:10頃 陸上自衛隊広報ビデオの放送 & 音楽演奏

で、8時ぐらいまで続きました事前テストが終わりましたら、8時10分より陸上自衛隊の広報ビデオの放送が始まり、程なくして音楽演奏がスタート。

18-08-26 083514 2018-08-26 08.35.14.jpg

その間、後ろでは演習会場の整地と水撒きと、Aスタンド前にあります通路的なものを一生懸命押し固める作業がスタートするわけなのですが、演習会場の整地と水撒きはわかるのですが、通路的なものの整地のほうはなんでだろうなぁと思っていたのですが、この後その通路をVIP各位が通るので一生懸命固めておりましたようで。

09:00頃 演習前段開始まで待機

音楽演奏はプログラムどおり9時ぐらいに終わりまして、9時半ぐらいから前段が始まる10時までの間は来賓の方がどしどし入場。

演習なのですが、前段と後段に分かれており、前段は10時からスタートで1時間程度。
主に陸上自衛隊の主要装備品の紹介が行われまして、後段は島嶼部に対する攻撃の対応を仮想した演習と第してこれまた1時間程度の前後半合わせて2時間の演習なので、演習自体は午前中で終わるようです。

これなら、夕方ないし夜ぐらいには関西に帰ることができそうだねぇとか話をしていたのですが、一番つらいのは帰るときだったのです・・・というのは、そのときに話題にするとして、演奏が終わりました後は来賓の方々が開場に直接バス等で会場入り。

スタンドに国会議員等って紙がおいてあったので、そのあたりの人たちが来るのかなぁと思っていたのですが、議員の先生たちもおりますが、Tシャツ短パンのラフな格好をした若い人も来ていたので、どういう人達が来ていたのだろうかと想いつつ。

で、最後には現防衛大臣の小野寺大臣が会場入り。

18-08-26 095918 DSC08046.jpg

そういえば、昨年参加した友人によると、昨年度の総火演ののときにはすでに小野寺防衛大臣だったのですが、各種冊子は前任の稲田元防衛大臣の写真だったそうで。

大臣や国会議員の先生もそうですが、ネクタイも締めて会場入りするわけなのですが、この時期にスーツでネクタイ締めてとか、先日出張でやったばかりだったので、大変だなぁと小物的な発想しか浮かばない次第なのですが、大臣を迎えて程なく演習がスタートするわけで。

会場入りしてから、4時間後についに演習がスタートするわけですよ。

ちなみに会場はこんな感じ。

18-08-26 091914 2018-08-26 09.19.14.jpg

あの閑散としていた感じの開場が、もうびっちりですよ。
シート席への誘導は前段演習が始まる直前ぐらいまでずっと行われていたので、このイベントの人気っぷりを視覚的に改めて感じるわけで。

10:00頃 – 前段演習 陸上自衛隊の主要装備品の紹介

18-08-26 075627 DSC07990.jpg

ばばーんと開始するわけなのですが、場内のアナウンスがいろいろと解説してくれるのでとってもわかりやすく、どの兵器がどこを狙って発砲するよと教えてくれるです。

まぁ、座っている周辺の詳しい人が多分友人・知人に説明もしてくれるので、なおのことよく分かるなぁと想いつつ。

こんな感じで、場内のアナウンスでスクリーンを御覧くださいと言われてみてみると、解説の画面が。

18-08-26 100635 DSC08050.jpg

そんな解説を聞きつつ演習を拝見させていただきます次第。

18-08-26 110443 DSC08171.jpg 18-08-26 104342 DSC08147.jpg 18-08-26 104112 DSC08124.jpg 18-08-26 101051 DSC08091.jpg 18-08-26 100804 DSC08055.jpg 18-08-26 100800 DSC08052.jpg

無線も場内のアナウンスに流れてくるので、「撃てー」とか「着弾!今!」とかどのタイミングで戦車が主砲をぶっ放すかがわかるので心構えが出来て心臓にも良い感じなのですが、放送に乗らない無線がなんか聞こえるなぁと思っていたのですが、どうやら好き者な人が、自前で無線機を持ってきて、実際に流れている無線を傍受(って言っていいのかなぁ)していますようでして、放送に無い「3、2、1」という詳しいカウントダウンの無線通信の情報を聞いて同じく大砲みたいなカメラで発砲した瞬間を捉えるようにしているみたい。

周りのアマチュアカメラマン各位がそれに気がついたか、カウントダウンに合わせて連写するシャッター音が鳴り響くという状況になりました次第なのですが、ごついカメラを持っている人やその無線機を持ち込んでいる人って、みんなシートの端っこのいいところに座っているのだけど、なんかシート端のいいところに座るコツというかなんというかがあるのかなぁと。

ちょっと困っちゃったのは、動画を撮ろうとしてスマホを頭より上に掲げる人が結構いたんだよなぁと。
最近のスマホ大きくなっているので、真後ろに座っている人とかかなり邪魔そうに首を動かしているのですが、ひどい人だとiPadで撮影するもんだから、あれ真後ろの人なんも見えないんだろうなぁと。
そういう人が多くなるとそのうち動画撮影は禁止とかになっちゃうんじゃないかなぁとぼんやり思いつつ。

とりあえず、自分の頭より上に何か掲げたりとかしちゃうのはご法度よねぇと思いつつ、自分も結構尺が長いレンズを使っていたりするからどっちもどっぢなのかもしれませんが。

10式戦車や16式機動戦車、90式戦車あたりの主砲は、音を体で感じるレベルで、ものすごく音が大きいと空気が震えるんだってのを身を持って体感するわけで。
動画で撮影しても多分この迫力は現地に来ないと伝わらないんだろうなぁと。

席も一番前に結構近いところだってのと、割と演習会場左側の方で主砲発砲されていたので、普段絶対に体験出来ないことにかなりテンションが上ります次第。

本当は、戦車の主砲が火を吹いている写真を撮ってみたかったのですが、結局一枚も撮影できず。むぐぐ。

1時間座りっぱなしで腰痛い・・・辛い・・・ってなるかなぁと思っていたのですが、割とあっという間に終わってしまった感じでした。

11:00頃 – 前段/後段間の休憩時間

あっという間に前段演習が終わりまして、後半に向けて散水車が整地をするわけで。

18-08-26 110459 DSC08176.jpg

この散水で、会場全体がジメッとするのでこれまた熱中症が危ない感じ。
今回見学したときに、結局帰りまでに3リットルぐらい飲み物を飲んでしまったのですが、それでも水分足りない感じだったので、見る方は命がけですな。ほんとに。

この間、煙草休憩するぐらいの時間はある感じですが、まぁみんな同じことを考えているので物販共々人でごった返し。まぁ仕方がないよね。

11:15頃 – 後段演習 島嶼部に対する攻撃への対応

続きましては後段演習ってことで、陸上自衛隊の他に航空自衛隊も含めての演習ってことで、航空自衛隊機が空を飛んだりするのですが、あいにくの曇り空で全く見えず。まぁ天気ばっかりは仕方がないよねぇと思いつつ。

18-08-26 120723 DSC08254.jpg 18-08-26 120214 DSC08253.jpg 18-08-26 114748 DSC08238.jpg 18-08-26 113120 DSC08209.jpg 18-08-26 112912 DSC08205.jpg

18-08-26 121502 DSC08267.jpg

後半の方になってくると天気がだんだんと良くなりまして、間の時間で散布した水が揮発してモヤがかかっている感じに。
それに合わせて雲もだいぶ低くなってきたものだから、直接見る分にはいいのですが写真で撮ってみると微妙な感じになってしまったのですがまぁ気にしない。

その中でもすごかったのが、92式地雷原処理車から放たれたロケット弾が爆発したとき、地面から円状の衝撃波みたいなのが出まして、音って見ることができるんだと。

あとは、戦車が4台ぐらい並んで同時に発砲したときには、耳鳴りするレベルでの轟音。

写真じゃ伝わるわけないし、動画にしたところでも体に感じる衝撃とかは伝わらないので、ぜひぜひ会場にて体験していただきたい次第です。はい。

18-08-26 121419 DSC08266.jpg

というわけで、楽しい時間はあっという間に終わってしまいましたとさ。

12:30頃 – 音楽演奏

小野寺防衛大臣から順にVIPの方々がまた演習会場真ん中からバスで一通り帰路に向かいました後、再び音楽演奏。

演奏が始まる前に煙草休憩しに行くわけなのですが、もう帰りのバス待ちの列がすごいことに。

18-08-26 123054 2018-08-26 12.30.54.jpg

これ、帰りどうなっちゃうんだろう・・・と不安になりつつ会場に戻るわけなのですが、演習が終わるとスタンドが開放されるみたいでして、スタンドから写真を撮って見るわけで。

18-08-26 130142 DSC08300.jpg 18-08-26 130126 DSC08298.jpg 18-08-26 130119 DSC08296.jpg 18-08-26 130114 DSC08295.jpg 18-08-26 130107 DSC08293.jpg 18-08-26 125902 DSC08291.jpg 18-08-26 125854 DSC08288.jpg 18-08-26 125755 DSC08287.jpg 18-08-26 125752 DSC08286.jpg 18-08-26 125751 DSC08285.jpg 18-08-26 125749 DSC08284.jpg 18-08-26 125739 DSC08282.jpg

演奏の間に、この後にあります装備品展示のために各車両等が演奏の後ろで並びます訳で。

18-08-26 125643 DSC08274.jpg

あんなに混み合っているのだから、ほとんどみんな帰宅してしまうのだろうなぁと思っていたのですが、ざっと会場見た限りシート席の半分ぐらいの人は残っている感じ。

18-08-26 130505 DSC08306.jpg

演奏が終わる頃には、展示車両がビシッと並びます訳で。

18-08-26 131505 DSC08312.jpg

で、装備品展示が開始した時点で最前列の人がダッシュして車両へ。
それを眺めつつスタンドから装備品展示を見に行くわけですよ。

13:15頃 – 装備品展示

この装備品展示ですが、一部車両を除いて柵が設置されておらずで、車両に乗ろうとしなければ触っても大丈夫という展示。

さっきまで轟音を鳴り響かせていた車両が手に届くところにあるってんだからびっくりです。

18-08-26 134137 DSC08343.jpg 18-08-26 133900 DSC08341.jpg 18-08-26 133850 DSC08336.jpg 18-08-26 133836 DSC08333.jpg 18-08-26 133224 DSC08329.jpg 18-08-26 133119 DSC08323.jpg 18-08-26 132429 DSC08318.jpg 18-08-26 132222 DSC08313.jpg

各車両には自衛官の方が立っておりまして、車両についての質問とかにも回答してくれるみたいです。
僕はコミュ障なので聞くことは出来ませんでしたが・・・

18-08-26 134537 DSC08367.jpg 18-08-26 134528 DSC08363.jpg 18-08-26 134454 DSC08359.jpg 18-08-26 134431 DSC08357.jpg 18-08-26 134402 DSC08354.jpg 18-08-26 134322 DSC08349.jpg 18-08-26 134248 DSC08346.jpg

と、大満足で帰路に向かうわけなのですが、こっから体力勝負なことが始まるわけで。

14:00頃 – 帰りのタクシーに並び始める

帰りの選択肢はバスとタクシーだったのですが、バスの列がバスの停留場からずーっと続いて、Cスタンドの裏まで並んでいるってんだから、こりゃタクシーのほうが早いでしょってことで、タクシーの列に並ぶのですが、バスの列は1列でめちゃくちゃ長いのですが、タクシーの列はコンパクトにくねくねと固められているので、列の中に入るととにかくあっつい。

そして、14時ぐらいからものすごく天気が良くなってきまして、太陽が肌に突き刺さるぐらいな勢い。

そこに人が集まっているのだからもうもう熱くなります次第で、タクシーの列を待っている間に他の人がダウンしてしまい、自衛官の方に救護してしまうというシーンも出てくるような感じでもう死屍累々な感じですよ。

見ているときに腰が痛くて辛いなぁと思っていましたが、炎天下の中立ちっぱなしで待つのに比べれば全然楽ちんだったなぁと。

16:00頃 – タクシーを諦めてバスへ

どうやら、バスとタクシーで御殿場駅周辺が渋滞してしまったみたいでして、15時過ぎあたりからタクシーが全然来ない感じ。

14時頃はまだ一度に4台とか来たりしていたのですが、15時ごろになると10分おきぐらいに1台ぐらいしか来ない感じ。

で、タクシーの待ち列からバスの待ち列が見えるのですが、16時ぐらいには見えるところの列がなくなっちゃうぐらい。

自衛官の方も、タクシーよりバスのほうが早いと思いますよぉということで、どんどんバスの列にみんな移動しているのでだいぶ進んだのですが、こりゃ駄目だってことで、我々も16時ぐらいにバスの列へ。

18-08-26 161228 2018-08-26 16.12.28.jpg

で、バスの列に並んでから15分ぐらいで、バスの切符売り場に到達。

18-08-26 162511 2018-08-26 16.25.11.jpg

その後ちょっと待ったものの16:30頃にはバスに乗ることが出来ましたとさ。

一度に40人ぐらい運べるってのはでかいんですな。うんうん。
次回はどこのタイミングで帰るか?ってのはありますが、装備品展示を見てから帰るときは見た目に騙されず長蛇のバスの列に素直に並ぶのが正解なんでしょうな。

と、次回があれば反省点を見いだせたかなぁと思います最後でした。

さぁ帰ろう

というわけで、ここから兵庫まで戻るわけなのですが、今回呼びつけた後輩が前日に車で御殿場駅近くに車を駐車していたので、ここからは車で移動。

ここから5時間のドライブとなりますわけですが、途中晩御飯をたっぷり食べましたところ急に眠気が。

18-08-26 191917 2018-08-26 19.19.17.jpg

結局21時過ぎぐらいに失神するように寝てしまいまして、目が覚めたら自宅最寄りまでついておりましたという低堕落を決めてしまいましたとさ。

でも、これ電車で帰宅するってなっていたら多分どっかで心が折れて一泊してしまったんじゃないかなぁという疲労度。
そんな疲労度の中運転して連れて帰ってくれた後輩には感謝感謝です。ほんとに。

本日のまとめ

宿から富士総合火力演習を見つつ、JR御殿場駅まで移動したときのログはこんな感じ。

というわけで、ずっと行きたかった富士総合火力演習に行くことが出来まして、とにかく大満足。
来年もどうせ当選しないでしょうが、参加の応募してみようかなぁと思います今日このごろでしたとさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください