大腸内視鏡検査をしよう

大腸内視鏡検査をしよう

というわけで急遽実施することになりました大腸内視鏡検査ってことで、今日は朝からこちらの経口腸管洗浄剤しか口にできないというハードモード。

大腸内視鏡検査をしよう

事前にいただきました説明を見つつ、水に溶かして朝から飲むわけなのですが、匂いはスポーツドリンクっぽくてこりゃ楽勝でしょと思っていたのですが、まぁなんというかどう表現したら良いかわからないなんとも微妙な口当たりが襲いかかるわけで。

んで、最初の1杯を飲んだ1時間後ぐらいから飲んだ分だけ出てくる的なところてん方式で腸内を洗浄するわけなのですが、渡されたメモのとおり1時間で1リットルを5回に分けて飲んでいたのですが、飲んだたら数分後に出てきてトイレから出てきたら飲む時間とほぼ何もできない感じ。今日はこれのまないといけないし、ゲームでもしてダラダラ過ごすか・・・とか思っていたのですが、まぁずっとバタバタな感じでして。

で、ひとしきり出した後、全部出したのだから体重もガツンと落ちているだろうと思って体重計に乗ってみたのですがほぼほぼ変わらないという・・・1食分しかストックされていないみたいな感じなのかな。うーん。

と思っていたらあっという間に検査の時間前に近づきまして、昨日病院遅刻しちゃってので今日はちょっと早めに出撃したのですが、想定以上にスムーズに病院に到着してしまいまして、ちょいと待ちました後検査室へ。

でで、検査服に着替えました後、腸の動きを弱くするおくすりを注射されたのですが、割りと早い段階でぼーっとしてきているところに検査開始だったのですが、ぼーっとしている影響でいつ入れられたのかもよくわからずで、途中内蔵がぐしぐし押される痛みがあるとか聞いていたのですが、挿入部から何から特に違和感等は無く。

検査中はお医者さんが見ていたカメラも自分で見られる状態にあったのですが、特に問題ないなねぇと言っていたようなそうじゃないようなと思っていたらあっさりと終わりましたとさ。

内臓系のどうやって我慢したら良いかわからない痛みを覚悟していたのですが、そんなこと無くて何より何より。

んで、その後その場で仰向けになって30分ほど休憩をしました後に立ち上がるわけですが、なんかお腹にガスか空気が溜まっているのかものすごくパンパンになってしまってやや痛かったのですがトイレで出すだけ出してしまったら治ったので最後の最後にちょっとお腹が痛かったぐらいで終わりましたとさ。

その後の問診では、肛門部分に炎症は見られるものの腸の方は一切問題無しとのこと。

一緒にカメラの画像も見せてもらったのですがものすごく泡立っていたのでこれは問題ないの?とお伺いしたところ、小腸と大腸の境目の部分に弁があるらしいのですがそいつが少し動きが悪いと泡立ってしまうことがあるそうな。今回は問題のあるような泡立ち方ではなかったので問題ないと思いますよーということで、長年便が泡立つことが多かった謎も解けて良かった良かったということで。

というわけで、これにて予定していた体のメンテ関係は完了ってことで、糖尿病&高血圧以外の新たな称号を与えられなくてよかった良かったということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください