ReadyNas Duo

以前使用していた「白箱」を結構長く使っていたので、そろそろHDDがクラッシュするのもいやだなぁと思い、RAID構成ができるNASがほしいなぁと。

本当は「ReadyNas NV+」の4ベイタイプがよかったのですが、予算の都合で2ベイの物で選んでみました。

で、使ってみてちょっと経過したのでまとめると・・・

よかったところ

  • 見た目ががっちり作られている
    プラスチック製ではないので、がっちりした作り。その分重いけどそれはご愛敬。
  • ファンが思ったより静か
    白箱に比べてファンコントローラが効き始めるとテレビを見ながらなら別に気にならない程度の静かさ。
  • 会社で使用しているのと同じメーカなので設定楽ちん
    ユーザ設定だのが、会社で使用している物と一緒のメーカなので、記憶の限りで簡単に設定することができましたとさ。

悪かったところ

  • 一緒に購入したHDDがFWアップデートをしないと認識しない
    まぁHDDをどれ選ぶかは勝手なんで仕方がないことですが、はじめはよくわからず2日ぐらい電源つけっぱなしで放置。やきもきしちゃいました。
  • FWアップデート用のUSBメモリが付属していたがうまくいかなかった
    アップデート用のUSBメモリが付属していたのですが、うまくいかず。結局NASを直接接続してアップデート用のアプリを使ってアップデート。あまりPCが詳しくない人にはちょっと敷居が高いかもしれませぬ。
  • ファイルの転送スピードがいまいち
    白箱はRAID0で構成しているため、転送速度そこそこ出していたのですが、新しい方はちょっと厳しく、動画をNASから直接閲覧しようとするとコマ落ちしちゃいます。用途をちょっと選んでしまいそうです。

当面は各PCで共有使用したいデータと、バックアップをしっかりとっておきたいデータアップロード用にしておこうかなと。

こちらの日記もどうぞ


Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です