AVerMedia LIVE GAMER PORTABLE 2 PLUS – GC513 を買ってみた

冬の物欲大会最終回ってことで、日本ではまだ発売販売されていないLIVE GAMER PORTABLE 2 PLUS – GC513をAmazon.comから個人輸入してしまいました。

とまぁ本当は昨日届いていたのですが、開封することもなくすぐに仕事に向かったので仕方がないよね。

AVerMedia (アバーメディア) ライブ ゲーマー 取込みカード

AVerMedia (アバーメディア) ライブ ゲーマー 取込みカード

20,592円(02/22 17:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

で、まずは外箱のダンボール。

[peg-image src=”https://lh3.googleusercontent.com/-xsHE1a1agUA/WjXcDIEx8UI/AAAAAAAACP4/E7dhmAoK-zM5vhYXm2-j84wibt9zueJ7gCCoYBhgL/s144-o/2017-12-16%2B11.22.38.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/108789276804000676633/6498301061380882369?locked=true#6500343583444431170″ caption=”2017-12-16 11.22.38.jpg” type=”image” alt=”2017-12-16 11.22.38.jpg” image_size=”4032×3024″ ]

このいつもと違う感じと、ボロボロの箱がなんともニヤッとしてしまう次第。

で、ビニールテープでぐるぐる巻きになっている段ボール箱をヨイショヨイショと剥がしまして出てきたましたのがこちら。

[peg-image src=”https://lh3.googleusercontent.com/-0hBJ-y9uQ74/WjXcDNxdQ-I/AAAAAAAACP4/-bdBZXOIyN8fo3tmQhHJaNCFjDwLjFdlACCoYBhgL/s144-o/2017-12-16%2B11.25.44.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/108789276804000676633/6498301061380882369?locked=true#6500343584973997026″ caption=”2017-12-16 11.25.44.jpg” type=”image” alt=”2017-12-16 11.25.44.jpg” image_size=”4032×3024″ ]

おもったより箱が小さくてびっくり。
筐体の大きさそこそこ大きいものを想定していたのですが、この中に入っているのだから大分小さいのだろうなぁと思いつつ箱を開く次第。

[peg-image src=”https://lh3.googleusercontent.com/-GmHZYXdzkUc/WjXcDIGIxLI/AAAAAAAACP4/auzXYbncPYQRJsDO0IY7Zvds1RtA-JzwACCoYBhgL/s144-o/2017-12-16%2B11.28.15.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/108789276804000676633/6498301061380882369?locked=true#6500343583450121394″ caption=”2017-12-16 11.28.15.jpg” type=”image” alt=”2017-12-16 11.28.15.jpg” image_size=”4032×3024″ ]

うん、小さい。

同梱物はこんな感じ。

[peg-image src=”https://lh3.googleusercontent.com/-rKZLku-Rspc/WjXcDI0lfrI/AAAAAAAACP4/ZuvW1oBanIsNMOk-PUHCwplOXILe0BVnwCCoYBhgL/s144-o/2017-12-16%2B11.28.45.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/108789276804000676633/6498301061380882369?locked=true#6500343583644942002″ caption=”2017-12-16 11.28.45.jpg” type=”image” alt=”2017-12-16 11.28.45.jpg” image_size=”4032×3024″ ]

USB2.0のバスパワーで動くので、電源のたぐいが無いから凄くシンプル。
付属しているHDMIのケーブルは多分0.5mの短めなケーブルなのでご注意。

筐体の表面と裏面はこんな感じ。

[peg-image src=”https://lh3.googleusercontent.com/-xLJmOhb-8NY/WjXcDMMS5-I/AAAAAAAACP4/FwVbSXsbIQ0Kz4Bi-XUufxuy687OdG41wCCoYBhgL/s144-o/2017-12-16%2B11.31.11.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/108789276804000676633/6498301061380882369?locked=true#6500343584549693410″ caption=”2017-12-16 11.31.11.jpg” type=”image” alt=”2017-12-16 11.31.11.jpg” image_size=”4032×3024″ ] [peg-image src=”https://lh3.googleusercontent.com/-znuDobUAsRg/WjXcDNz_JTI/AAAAAAAACP4/shpj8FCZMl4eFDVn_S_xhnFJf0Iv0BW9gCCoYBhgL/s144-o/2017-12-16%2B11.31.18.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/108789276804000676633/6498301061380882369?locked=true#6500343584984606002″ caption=”2017-12-16 11.31.18.jpg” type=”image” alt=”2017-12-16 11.31.18.jpg” image_size=”4032×3024″ ]

で、これなにができるの?って話なのですがゲームの録画機器なのです。

・・・てもうGC550もってんじゃんって話なのですが、なんでわざわざ海外から取り寄せたかというと、4Kの画像をパススルーさせつつFullHDで録画できるって代物なんですよ奥さん。

[peg-image src=”https://lh3.googleusercontent.com/-_7EN5GACNOA/WjXcDIV_J-I/AAAAAAAACP4/t0hky6hFrk8_mtNcwMnVkDCLdB4vN5WMQCCoYBhgL/s144-o/2017-12-16%2B11.27.15.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/108789276804000676633/6498301061380882369?locked=true#6500343583516600290″ caption=”2017-12-16 11.27.15.jpg” type=”image” alt=”2017-12-16 11.27.15.jpg” image_size=”4032×3024″ ]

PS4 Proで録画できなくなるから、配信しちゃってそれをそのままyoutubeに投稿でいいかなぁと思っていたのですが、今の自宅のインターネット回線が死ぬほどクソなのでハイタイムだと配信がブツブツ切れるご様子ですからどうしたもんかなぁと思っていたところにこのアイテムってわけです。

というわけで、早速パソコンに取り付けて使ってみましょうって話なのですが、GC550と共用でいいかなぁと思っていたのですが、メーカーが出しているRECentralが4にアップデートする必要があるようすで、やむなくもともと入っているRECentral 3を削除する次第。

てっきり4に対応していると思っていたら、そのうち対応って状態みたいで、無理やり使うことは出来なくもないのですが、プチプチ音が切れちゃうので、対応をざして待つのだろうなぁと。

で、セットアップですが、ドライバを独自に入れる必要が無く、アプリを入れたら、プラグアンドプレイで使用可能に。これは素敵。

んで、画面を出してみたのですが、USB2.0で通信しているので遅延がものすごいからパソコンに写している画面でプレーするのは無理な感じ。

まぁそのためにGC550を購入した次第なのですが、やっぱりちょいと遅延があるのは事実なので最近モニターに直接出した画面でゲームをやっていることからこれは問題ないでしょう、そうでしょう。

で、お試しってことで単体録画モード含めて録画したものをyoutubeにUPしてみました。
多分youtube側で再エンコードされちゃうので、そのまんまの画質じゃないかと思いますが参考まで。

データのソースは、みんGOL PS4版で設定画面にてPlayStation 4 Proを使用時にのみ使えるようになる設定で「4K」と「60fps」にしたものです。

LIVE GAMER PORTABLE 2 PLUS(GC513)録画テスト / Input60fps / PCモード / 60Mbps

LIVE GAMER PORTABLE 2 PLUS(GC513)録画テスト / Input60fps / 単体録画モード / 20Mbps

LIVE GAMER PORTABLE 2 PLUS(GC513)録画テスト / Input4K / 単体録画モード / 20Mbps

LIVE GAMER PORTABLE 2 PLUS(GC513)録画テスト / Input4K / PCモード / 60Mbps

ざっと見た感想としては、パソコンに表示されるプレビュー画面をみると大丈夫かなぁという感じでしたが、PCレスモードでも拡大しなければ全然問題ない感じ。

ただ、ソースによって見た目が全然違うのはGC550で痛感しているので、別のゲームのソースにするとまた違う感じになるのだろうなぁと思います次第ですが、こだわりだすと4Kでそのまま録画できたほうがいい!って話になっちゃうので、まぁこれぐらいでいいかなと。

PCレスモードがおもったより問題なく動作してくれてよかったよかったなのですが、ちょっと気になるのが、HDMIケーブルを繋ぎっぱなしでモードを変更しようとしたところ、パススルー先の画面は問題ないのですが、PCで見た画面が乱れてしまうという減少が発生してしまいまして、ちゃんと動作していることを確認することが出来ないPCレスモードで動かすときには、一緒に配信しておくとかで保険かけておいたほうがいいのかもなぁと思いつつ。

これからちゃんちゃか使うので、そのあたりは実際に使ってみてあまりにも変になるケースが多いようだったら要相談かなぁ。

ってな感じで、国内のレビュー記事とかが全然ないところで手を出したこちら。最悪使えないことも想定していたのですが、思いの外ちゃんと動いてくれて満足満足といったところかなと。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください