健康診断に行こう(8年ぶり5回目)

というわけで。

と、今月頭に予約しました健康診断に向かいます訳で。
今後の健康診断のメニュー検討も兼ねまして、メモがてら。
特に胃カメラの苦しさとか15年前の出来事完全に忘れてしまっておりまして、完全に検査内容ミスチョイスだったので、次に健康診断受けるときに絶対に忘れないようにって位置づけで。

朝9時に病院に向かおう

今回、大阪駅から歩いて10分ぐらいの病院で健康診断を予約することに。
んで、開始時間が午前9時な訳ですが、それに間に合うように移動するとなると、いつもよりだいぶ早い時間&ラッシュ時間に公共交通機関を使うわけで。

で、いつもの市バスに乗車する訳なのですが、自宅前から駅に向かうときはだいたい座ることが出来たのですが、やっぱり朝の時間そこそこ人が居ります次第で途中バスが人が多すぎるから次のバスに乗ってねと乗客乗せないケースがあるんだなぁと思いつつJRの駅へ。

んで、体が触れ合うほどではないのですが、揺れると触れちゃうぐらいのパンパン電車でいざ大阪駅に。
そういえば、そこそこ混み合っている電車に乗るのって何年ぶりだろうか・・・かれこれ13年間車で会社に通って、現在は歩きだからもう15年ぐらい電車とは無縁の生活をしている次第ですが、これ毎日やるとか無理ゲーでしょうと思いつつ。まぁ実際戻ればやらざるを得ないだろうから、できるとは思いますが・・・・思いますが。

でで、ヨドバシカメラ梅田の反対側だから多分こっち・・・と出口名確認しておきゃよかったと移動してみたところ、ばばーんとヨドバシカメラ梅田の真ん前に出てしまうわけで。

むぐぐと思いつつ、結局30分前に到着したのに病院には10分前とかなんなんとか思いつつ。

とりあえずリカバリーは出来ましたってことで検診センターへ。

レッツ検診

今回は会社の健保指定の1日人間ドックなのですが、どうやら半日で終わります様子でして。
で、検査着に着替えましてうんちゃらスタートする次第。

以降の順番は多分その時の込具合によって決まるっぽい感じ。
振り返ってみると特に何も無いなぁと思ったやつが後にいろいろ言われている感じだなぁと思い出しつつ。

検便提出

事前に採取しておりました検査用の便を提出するわけなのですが、これ採取方法の説明書を見るとトイレットペーパーを手前部分に置いていつもと逆向きに座って採取してねってなかなかに難しいことを仰る次第。

自宅のトイレがウォシュレットが装着されているので、操作パネルが邪魔で逆向きになることが出来ませんでしたので、結局水が溜まっている部分に集めにトイレットペーパーを置く作戦でなんとか回避。

ってか、これ、立ち上がったら勝手に流れるトイレしかない人って採取不可では・・・
そういえば実家のトイレが新しくなっていて立ち上がると勝手に流れるようになっていたなぁと思いました次第。
あれって設定か何かで変えられるもんなのかしらね。うーん。

検尿検査

実は病院についてすぐにすっかり忘れてトイレに行ってしまったので絞り出す感じになってしまう次第。
25ccあればなんとか検査ができるってことだったので事なきを得たのですが、忘れていちゃ駄目だよね。うんうん。

胸部レントゲン

続いては胸部レントゲンですが、最近のレントゲンはぱぱっと終わってしまうのね。
装置の前に立って大きく息を吸って止めてぇ~という表示時に合わせればあれよあれよと30秒ぐらいで完了。
もうフィルムのレントゲンってあんま無いのかなぁと思います次第ですが、昔はフィルム入れてバシャリと結構時間がかかっていたイメージがあったのですが、8年越しに技術の進化を感じるなぁと。

そういえば、メディカル機器って初めて飲んだ胃カメラの影響かと思いますが、どうにもメディカル系の機器ってオリンパスのイメージがあるのですが、今回おせわになりましたところはキヤノンのものが多かったなぁと。

採血

もう毎度毎度なのですが、いつも利き手の逆を出してと右腕を差し出すのですが、どうにも右腕は血管が見えないらしくて結局利き手から採血される次第。

で、採血される場所も大体決まっておりまして、手のひら表にして腕をびーんと真っ直ぐ伸ばしたときに曲がるところの左外側がどうにも大人気みたいで。

今回もココがいい!と看護師さんに言われまして、ちゅーっと抜かれる次第。

たまに勢いが弱いってことで手のひらニギニギ指示が出ることがあるのですが、今回は割と勢いよく出てくれましたとさ。

問診

問診といっても特に何か問われるわけじゃなく、いつもどおり胸辺りと背中周りの音を確認しつつ、お腹をギュッギュ押されてチェック。
なのですが、このチェックで脂肪肝だってのがわかるのかね。体重は落とさないとねぇと言われた次第なのですが、まぁただ太っているから言われただけかもしれませぬが。

腹部エコー検査

人生2回めの腹部エコー。1回めは言わずもがな20歳のときに胆嚢切除のきっかけになりましたときの検査な訳なのですが、今回特に問題ないでしょと油断していたのですが、肝臓あたりをチェックしているときに○○じゃない?と言われたことあります?と○○の部分が聞き取れなかったのですが、まぁ大丈夫でしょうってことでアリませんって回答しちゃったのですが、これちゃんと効いておけばよかったなぁと最終結果の説明時に後悔するわけなのですが、それは後述。

そういえば、後から振り返ってみたら、後からエコー検査入った人より出るのが遅かったのは、太っているのが原因なのかなぁと思っていたのですが、そうじゃなかったのかしら。むぐぐ。

心電図・肺活量検査

心電図は多分遠い昔に受けたことがあるような気がするのですが、いつ受けたのか全然覚えていないなぁと思いつつ。
特にトラブル無く次は肺活量検査なのですが、待合室で待っているときに「はい!吐いて!!!!」と聞こえまして、こりゃ大変だなぁと思った次第なのですが、やっぱり大変でした。

激しい運動しなくなってから、全力で息を吸ったり吐いたりすることないもんねぇ。

タバコの吸いすぎで弱っているんじゃないか?と思っていましたが、これも特に問題なしとのこと。

身長体重測定・聴力検査・視力検査・血圧測定

いずれも問題なく・・・というわけに行かずなのですが、視力検査が悲しい感じで、裸眼だと右目は0.3、左目が0.5とまぁまぁ車の運転はもう駄目ですな。

帰りにメガネを買おうかなぁぐらいに思っていましたが、免許の更新とか考えると購入はMustだなぁと思います次第で。
メガネ購入を強く心に違い次の検査に。

眼圧検査

これ、受けたことあったかなぁ。結果問題はなかったのですが、びゃっとか風を吹けつけられる度に、びくっとなってしまう次第。
特筆事項は特になしなのですが、

経鼻胃カメラ

本日のハイライトがこちら。
バリウム検査受けたことなかったのですが、まぁカメラのほうがいろいろ見れるから良いでしょうってことと、ココの病院では花からの胃カメラが受けられるってことだったので、口からの胃カメラでもう一生胃カメラ飲まない!と思っていたのですが、チャレンジしてみることに。

んで、まずは胃の泡が消えるお薬を飲みましたあとに、両方の鼻に通りが良くなる薬をじゅじゅっと。
って、鼻からなにかモノを入れるってことをしないから、もうこの時点で大分後悔する次第。

でで、リクライニングするシートに移りまして、鼻から麻酔薬を投入するわけなのですが、前に胃カメラ飲んだときには麻酔薬が効いてからカメラ挿入だった気がするのですが、びゃっと鼻から入れた後すぐにカメラが挿入されるわけで。

したらばどうにも鼻の穴奥が狭いみたいで、こっちかなあっちかな?って時点で鼻をグリグリされました後、問題の喉を通過するわけなのですが、ここで間違ってもツバとかを飲んではいけないのですが、なんとも言えない異物感でパニックになってしまって盛大にオェーっとなってしまう次第。

他の人はおとなしくやっていたから、相当オェーって響いたんだろうなぁと思いつつ検診がスタートするわけなのですが、最近お腹痛いからいっその事なにかここで原因が見つかればいいと思っていたのですが、前の胆石の時同様にお医者さんからお褒めの言葉をいただくぐらいきれいな胃でしたとさ。

まぁ食道の結構上の方まで胃粘膜が来ていたらしいので、相変わらずの逆流性食道炎ちゃんみたいなのですが、それ以外は一切問題なしとのこと。

ただ検査中は死ぬほど苦しかったのですが・・

で、終わりました後鼻からいっぱい入れられた麻酔類が喉奥に残っておりましてなんともな気分になりつつも、まぁ口から入れたときに比べればマシで良かったですと看護師さんにお話したら、「胃はきれいみたいだから次からバリウム検査でもいいじゃないですか?」とのこと。

これは、もう看護師さん的にも私は胃カメラ引退したほうがいいという引退勧告と受け取りまして、次からは進んでバリウム検査にしようと強く誓う次第でした。(←今回の検診でココ一番重要)

診断結果ヒヤリング

で、こちらの健保センターなのですが、最終結果は別途連絡するとしつつ、採血、検便や検尿、胃カメラやエコーの結果を最後に全部見せてくれまして、どのあたり問題ありそう?ってのを全部説明いただけるシステム。
多分、レントゲンのデジタル化とかもあると思うのですが、昔って検査結果は後日じゃないと伺えないシステムだったような気がするのですが、これも時代の進歩なのか。

その日のうちにいろいろ聞けるのは嬉しいですな。

んで、ざっとまとめるとこんな感じ。

  • 太っているので脂肪肝によるそのあたりの数字はやっぱり悪い
    • 特にγ-GTPが規定値をオーバー。あと、コレステロール値もよろしくない
      • まぁ言うても想定通り
  • 視力が0.3に落ちた
    • 判定結果はA~Dの4段階評価のBらしいのですが、最近特に夜になると遠く見るの辛いからねぇと思いつつ。数字は嘘つかない
  • 尿酸値ギリギリで基準値
    • ギリギリってことはほぼアウトじゃね?と思ったりもするのですが、ビールガバガバ呑むのでかなりビビっていたのですが、思ったよりは悪い数字ではなく。ただ、最近お酒を呑むと手足先が熱くなるのはなぜなのか
  • 血糖値は大丈夫
    • これも心配だったのですが、これは基準値真ん中ぐらいということで今のところは大丈夫そう
      ・血尿
    • これ、完全に想定外だったのですが、前の日に激しい運動とかしたわけでもなく。最近ちょっと残尿感的なものを感じていたのですが、なんか問題があるのかしら?
      ・肝臓に謎の影
    • 腹部エコー検査のときの○○を聞き逃したのが悔やまれるのがこれなのですが、なんかよくわからない影が数個ちらほら。問題あるかどうかは最終確認時に連絡するとのことだったのでうがなんなんだろうか?
    • ○○って言われたことあります?ってちゃんと効いておけばよかったなぁと後悔
      ・胸部レントゲン胸のあたりに謎の影
    • 心臓のちょっと下ぐらいにこれまた謎の影。ちょうど同じところぐらいに多分脂肪の塊かなんかの親指大ぐらいのサイズの出来物があるので、それが要因では?とお伺いしたのですが、映らないはずとのこと

と、お医者さんの総評としては、太っていること以外は健康体とのことなのですが、なんか気になること言われてしまったなぁと思います次第。ってか、直近の体の調子と結果にかなり乖離がある感じでどうにも腑に落ちない感満載なのですが、どうなのだろうか・・・

保健師によるコメント

最後に保健師の方からのありがたいお言葉。
まぁ、ココ1年会社に歩いて向かっているので、運動は毎日できているからいいとして、それでも体重落ちないならどう考えても食べ過ぎでしょうということで。

今の年齢なら痩せるのも容易なので・・・とのことでしたが、容易に痩せれていればねぇと思いつつ。

あとは、歩いて帰るといい感じにお腹が空いちゃうから思ったより御飯食べれるように鳴っちゃうから注意とのことで、そういえば、歩いて帰るようになってからお酒が増えたのは事実なので、注意しないといけないなぁと思いつつも是正するのだろうかってのはどうなのだろうか。むむぅ。

総括

というわけで、気になる2つの影は最終連絡の際に再検査が必要なら連絡しますとのことなので、3~4週間後の最終結果をとりあえずましましょうという話で。

ってか、実は2周間前から2,3日に1度ぐらいおしりを拭いたときに結構な量の血が出ることがあるのだけど、検便の結果問題なしってことなので、腸内が悪いというわけではなく痔なのだろうか・・・
あんまり悪い結果続くようであれば、消化器科か肛門科あたりにでも行ってみるかなぁ・・・と。

って行くと決めたら調子良くなりそうな感じはしないでもないですが。

というわけで、かなり久しぶりの健康診断。まぁ思ったよりも数値悪くなって無くてよかったねというオチになりそうな感じではあるのですが、最終結果が出るまでは油断ならないのかなぁ。うーん。

まぁ、どうこう考えてもちゃんと測定しての結果なので、まぁ最終結果待ちますかというところで、今回忘れちゃならないのは、二度と胃カメラは飲まない!ということかと。

もう30代も後半突入なので、ちゃんと毎年健康診断は行かないといけないなぁと強く思います、今日このごろでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください