仙台に行こう 1日め

仙台に行こう 1日め

というわけで、今日は弟夫婦のご両家ご挨拶に行くってんで、飛行機で仙台に行くことに、
先日から結構ぼやいていたのですが、本日はG20が開催されているということで、飛行機大丈夫かいな・・と思っていたところに、伊丹空港にエアフォースワンが来るとか、なんで関空に行かないんだよ・・と言いつつも行かねば始まらずということで、まずは伊丹空港に向かうことに。

レッツ伊丹空港

で、先日タクシーを予約してみたらもう予約いっぱいだから駄目!と言われたのですが、ダメ元でフライト3時間以上前に配車のお願いをしてみたところ、近所にタクシーいるからすぐに向かいます!ということで、想定外にタクシーがピックアップできました次第。
そして道中もみんな警戒してからほとんど車は走っておらずでして、10分そこらで伊丹空港に到着してしまった次第。

途中検問ありましたが、空港は警察官がいっぱい居ますからねぇぐらいの注意程度で特に車の下とかトランクを調べられたりすることはなく。

途中、噂のエアフォースワンが鎮座しているのを確認。

これ目当てで来ている人結構いると聞いていましたが、朝早いのもあったのか特にトラブルもなく。

空港に近づくとなんとも物々しい雰囲気。

で、タクシー降り場でおろしてもらって空港に入ろうとすると、入り口はANA側とJAL側一番中央に近い入口だけオープンしていて、ほかは封鎖状態。
手荷物チェックとかは無かったのですが、前情報どおり空港に入る前にチケットチェック。

と結局フライト3時間前ぐらいに到着してしまいましてやること無いから展望デッキからエアフォースワンを見てやろうかと思ったのですが、この期間内は封鎖と本格的にやることがなくなってしまったのでとりあえず保安検査場を通過して中に。

で、空港正面に見て右側の方にエアフォースワンが鎮座していたので、中に入ってから一番右側の入口に向かってみたら見えました見えました。

他の人も物珍しさに集まっている感じではありましたが、居てもまぁ片手で数えられるぐらい。
これで完全にやることなくなってしまったなぁということで、カバンの中に入れておりましたMacBookを取り出して、溜まっていた日記ネタを必死に仕込んでおりましたところあっという間にフライトの時間になりましてレッツ仙台へ。

さよなら伊丹空港ってことで、仙台空港までばびっと移動する次第。

仙台空港

飛行機で寝るのは割と慣れている方なので、離陸したらすぐに寝てしまったわけですが、いつもうまい具合に到着ちょっと前に目がさめるのですが今回もビシッと目が覚めました。
んで、日本海側から仙台空港に着陸。

で、到着したのはいいのですが、北海道組の飛行機が2時間遅延するというトラブルが発生し、さらに待ち時間2時間おわかりというもうこれ以上時間潰せないよ・・・と思いながら空港を探検してみることに。

そういえば、東日本大震災のとき津波が仙台空港を襲ったわけですが、その時の波の高さを示すやつが。

こんなん来たら逃げるだどうだって話じゃないでしょと思いつつ、震災関係の何かを見るのって初めてだったから、ものすごい災害が起こったんだなぁと改めて思います次第で。

そういえば、お昼ご飯食べてなかったなということで、空港のレストランで牛タンを頂く次第。

美味しくもぐもぐしたところで、まだ1時間以上待ちってんで、今日だけでもう5時間以上待ってんじゃん・・・と思いつつも、ただひたすら待機するわけで。
で、遅延した時間どおり北海道組も到着したのでレンタカーを確保。

本当は8人乗りを確保していたのですが、レンタカー側の都合で7人乗りになったのですが、ODOメーターが500kmちょっとというほぼ新車をお借りすることが出来ました。

この車いろいろ装備があるのですが、今日のルートでは使うことが出来なさそうなのでまた後日お試ししようと思いつつも、バックミラーがバックモニターになっていたり、駐車するときのアラウンドビューは楽ちんだなぁと思いつつも、いつも乗っている車と車高が全然違うってのと何よりステアリングが軽すぎるので怖いなぁと思いつつも今日のお宿へ。

で、夜ご飯食べつつのご両家挨拶で妹夫婦の甥っ子を泣かしてしまいましてとっても凹んでしまった以外は特にトラブル無く無事に終わったのかなぁと思いつつ。
明日は、せっかく仙台に来たのだからということで仙台観光をする予定なのですが、仙台到着してからずっと続いております雨。止むかなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください