アカウントハック その11(最終回) – 結局わかったのは第3者からの不正アクセスがあったってことだけ

こんなに続くと思わなかったアカウントハックなお話ですよ。
結論からいうとこれ以上問い合わせしても新しい情報を得ることは難しそうなので、もうやめにしようかと。

というのも、サポート担当から今日メールが届いたのですが、内容としては「ご利用状況などから、お客様のアカウントにて第三者によるアクセスの形跡が確認されました。」とだけで、だいぶ前に教えてもらった内容と何一つ変わりがありませんでしたとさ。

あと、パスワード再設定などを実施してくださいなどのテンプレ的な文章が並んでいるぐらいで、特に新しい情報は一切なし。
何をもって、「不正アクセス」と判断したのかも一切わからずってことで、以前その辺りの情報くださいと言っても個人情報うんたんで教えてくれなかったのでもう諦めようかなぁと言ったところです。

時間をかけた割にはあまり有益な情報がもらえずがっかりな感じは否めませんがこれが限界なのかなぁと思いつつ。
せめて、どういう形でログインされたのか?(総当りなのか何かしらから情報を拾ってきた様子で一発でログインされているのか?)ぐらい教えて欲しいのですが、どうせムリだろうから諦めることにします。

まぁ自分は大丈夫だろうってワンタイムパスワードをかけなかったりしたのが問題なのでしょうが、問題発生時にどうしてそうなったのか?ってのが、知ることが出来ないってのはなんともモヤモヤしてしまいますな。

今後スクエニアカウントを使ったゲームをやるかはわかりませんが、今回の件でちょっと躊躇しちゃいそうだなぁと思う今日このごろでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください