台湾旅行 前夜

というわけで、明日からの三連休台湾で過ごすことになりましたために、今日は前日移動ってことで、前泊地まで移動するのがミッションですぞってことで、早速移動するわけで。

行く準備をしよう

って、昨日のうちにやっておきなさいよって話ではありますが、今回2泊3日ということもありいつものキャスターバッグは1週間分とかなりのサイズオーバー感じ満載のため、最近数日泊の出張も立て続けにありましたことを考えまして、これを機会に小さめのキャスターバッグでも買ってやろうってことで、旅行出発2時間前にキャスターバッグをゲッツ。

20160318161331

タグや緩衝材がつきっぱなしなところがなんとも何も考えずに買ってきた感じ満載。

20160318161246

とりあえずなんでもいいやと思って買ってみたわけなのですが、まぁ値段相応ってところかしら。
ものが入ればいいやと、2泊3日分の荷物を詰め込みまして、ゆくゆく羽田空港です。

移動 & 前夜祭

仕事が終わりましたらすぐに関東に向かうわけなのですが、名鉄の看板を見てみたらいつの間にか番号表記がされるようになりましたようで。

20160318174936

で、いつもどおり新幹線で移動しまして、品川経由で本日のお宿があります羽田空港第1ターミナルへ向かうわけなのですが、空港で御飯食べるにも選択肢がないだろうから、一度途中の駅でご飯を食べましょうってことで、京急蒲田駅で降りるわけで。

勝手知らない駅に行きますと、どちら側の出口に向かったら飲み屋にたどり着けるのか?という話なのですが、どうやら2択に間違ってしまいましたようで、大きい道路が眼下に広がってしまう次第。

こりゃダメだと、反対側に向かいましたらば、商店街のあたりの飲み屋さんが集まっているようで、駅周辺をうろうろ歩きまわり大分疲れてきているので、なんでもいいやと空き状況を確認するのですがさすがに金曜日の夜。どこも一杯。

4、5件ぐらい振られてしまいまして、次のお店ダメだったら諦めましょうとしょんぼりしていたのですが、なんとか入店出来まして無事に前夜祭スタート。

20160318210216

いつもそうなのですが、前夜祭って必要以上に盛り上がっちゃうのよね。
新幹線の移動中もビールをあおっていたので、結局中ジョッキ6杯以上分のビールを溜め込みまして、いい気分で最終目的地の羽田空港第1ターミナルに到着。

ファストキャビン 羽田空港第1ターミナル

本日のお宿は、簡易宿泊施設の空港内にあるファストキャビン 羽田空港第1ターミナルにしましたよっと。

まぁ品川とか途中の駅でも良かったのですが、前日移動しておきながら寝坊するなどのリスクは十二分にございますので、リスクコントロールってやつですよ。うんうん。

で、早速お部屋をチェックするわけなのですが、こんな感じ。

20160319000547

20160319000553

ピント合わせている余裕なかったのでボケボケの写真なのですが、ベッドの横に荷物が置けるちょっとしたスペースが存在するぐらいで本当に寝るだけって感じです。

枕元からはこんな感じ。

20160319010647

これの一つ上のクラスになりますと、荷物を床に置くスペースができるわけなのですが、まぁそのうち予約すればいいかと1ヶ月前ぐらいに予約ページを再度開いてみたところ、ひとつ上のクラスは満室で、今回確保したクラスも残り数個と結構ギリギリ。

客層を見てみると、日本人よりは海外の方が自分らより遅い時間にチェックインするという感じで、深夜便でに日本入りした海外の方が結構利用されるみたいですな。

そして、明日も早いのでまぁ風呂入ってさっさと寝ましょうってんで、浴場に向かうわけなのですが、お風呂が妙に浅くて結構な高温。
事故を防ぐ的な意味合いが多いのかしらと思いつつも、やっぱりお湯に浸かることができるってのは素晴らしいわよねと思いながら体を清めまして就寝と相成ります訳で。

そういえば、写真撮り忘れたのですが、ここで用意されている部屋着が、サイズがMサイズでちょっと小さい(っていってもフロントに言えば変えてくれるのでしょうが)のですが、非常に着心地がいい感じ。

でで、やや酔っ払い状態でのチェックインであることと、翌日5時半に起床しなければ行けない状態でしたので、フロント横のラウンジにて翌日の集合時間等を確認しましたうえで、本日は終了。

チェックイン時にお伝えすると、起こしてくれるサービスがあるので安心して寝られるちゅーもんです。

明日は明日でいろいろ忙しそうですので、今日のところはぼちぼち。

そういえば、中日のフリータイム未だに何をするか決めていないなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください